赤ちゃん・子育て

妊娠線ができ始めるのはいつ頃から?正しい予防法は? まとめ

妊娠線 ビギーアイキャッチ画像

妊娠線ってご存知でしょうか?
実は、僕は妻が妊娠するまで【妊娠線】という言葉は聞いたことはありましたが、それがどんな物かは見たことはありませんでした。

マフィン
マフィン
妊娠線ってどんなものなんだろう?

奥さん
奥さん
妊娠線とは、皮下組織に入った割れ目のような線のこと。
急激にお腹が大きくなったり、体重が増えたりするとできやすく、1度できてしまうとなかなか治りにくいものなの!

妊娠線の特徴としては、妊娠初期からできるママもいるらしいけど、妊娠5か月目くらいからできることが多いらしいです。

 

どうやら100%妊娠線を作らない方法というのは存在しないようです。
でも、出来る限りの予防はしたいですよね?

今回はその

  • 妊娠線ってなんでできるの?
  • いつ頃からできるの?
  • 正しい予防法教えて!

このような声にお応えできるよう、自分なりに調べたものをまとめていきたいと思います。
うちの妻も気にしていたのでちょうどいいタイミング!

妊娠線って?

赤ちゃんの靴を持つ夫婦

そもそも妊娠線ってどうしてできるんでしょうか?
上の画像を見る限りお腹に出ることが多いようですが、他の部分にも出たりするんですかね?

妊娠線ができる仕組み

妊娠線とは、急激なお腹の成長や体重の増加に皮膚の伸びが追い付かず皮膚の奥(真皮)で断裂が起こり、主に弧を描くような形でみみず腫れのような赤い痕がいく現象を言います。

中では内出血が起こっているため、赤い裂け目のような痕が見られます。
出産後は内出血は治まるものの、白く痕が残り、これがある程度は目立たなくはなるものの自然に無くなりはしません。

どうしても痕が酷い人の中には、出産後にレーザーや切開手術で除去する人もいるようです。

予防に大切なのは乾燥を防ぐことと、皮膚を柔らかい状態で保つことなどが挙げられます。
詳しくは後述します。

妊娠線ができる場所

多くの方はお腹にできるようです。
お腹以外だと、

  • 二の腕
  • おしり
  • 乳房

などなど。

脂肪が厚くなりやすい部分にできやすいという印象を受けます。

二の腕にできる妊娠線は発見しにくいです。
鏡で見るか、パパにチェックしてもらうといいと思います。

おしりに関しては、下の方(脚の付け根)や腰回りにできやすいようです。
ここも発見しづらいので、定期的にパパにチェックしてもらいましょう。

そして、妊娠太りする人は特に注意が必要だということ。
うちの妻の家族(お義母さん、妹)はやせ型筋肉質だったので、妊娠太りもすることが無かったらしく、妊娠線もできなかったそうです。

妻も体質は2人に似ているので、少し安心しています。(それでもケアはするつもり)

妊娠線はいつ頃でき始めるの?

妊娠初期からできる人もいるようですが、多くの方はお腹が大きくなり始める5か月目以降という認識でいいかと思います。

臨月に入って突然『バリっ』とできちゃう人もいるようなので、これは個人差があるとしか言えない部分です。

心配な方は5か月目くらいからケアを始めることをお勧めします。
ネット・雑誌・専門誌でも、5か月目くらいからのケアを推奨するものがほとんどでした。

妊娠線を予防する正しい方法

大きなお腹を抱える妊婦さん

妊娠線ができる原因は、『お腹が大きくなるから』だけが原因ではないことを覚えておいてください。

妊娠線は、

  1. お腹の成長
  2. 皮膚の乾燥
  3. 体重の急激な増加

などが原因でできると言われています。

肌の保湿・マッサージ

妊娠線の予防には保湿が大事です。
皮膚の乾燥を防いで伸びを良くしておく必要があります。

お風呂上りに低刺激性のクリームなどで優しくマッサージするなど、皮膚に潤いをキープして、柔らかい状態を保つ工夫が妊娠線の予防につながります。

つわりでしんどいママや、目と手が届かない部分にはパパがクリームを塗ってあげて、マッサージもしてあげると喜んでもらえるかも!

お風呂上り5分以内の潤いゴールデンタイムにクリームを塗って優しくマッサージをするといいですよ!

生活習慣

体重の急激な増加は、妊娠線の予防の1番の大敵です。
つわりを終え、油断して食べ過ぎると妊娠太りしやすいので気をつけたいですね。

久しぶりに食欲が戻って好きなものを好きなだけ食べたい気持ちは分かりますが、大した運動もできない時期ですし、出来るだけ我慢してカロリーをコントロールしましょう。

妊娠線ができて後で後悔することを考えると我慢もできるはず!

妊娠線予防・まとめ

ここまで妊娠線ができる原因やその仕組み、正しい予防法について書いてきました。
以下はそのまとめ⇊

妊娠線予防 まとめ

  1. 妊娠線ができる原因は、皮膚の奥にある真皮が裂けて内出血しているから
  2. お腹以外に二の腕・乳房・おしりにもできやすい
  3. 多くの人はお腹が大きくなり始める5か月目以降にできる(妊娠初期にできることも)
  4. 予防法は潤った柔らかい皮膚を保ち、急激に体重を増やさないよう気をつける

となりました。

予防としては特に”急激な体重の増加に気をつける”ことに重きをおき、妊娠太りしやすそうな体質の方は気をつけるようにしてください、

最後に

うちの奥さんは37歳で出産なので『水着ももう着ないだろうけど・・』とは言っていましたが、妊娠線ができないに越したことは無いですもんね。

夫の僕としては、出産という大きな役割をまっとうした証明なので、少しくらい痕が残ってもなんでもないんですが。
本人からするとそうも言っていられないのも分かります。

心配なのはつわりが終わった後の食欲の増加でしょうか・・・。
辛い人には辛いですよね(笑)。

それでも、妊娠線の痕がどうしても気になるという方は、気合で自己管理することをお勧めします!

 

以上、【妊娠線について】でした!
ここまで読んでくれてありがとうございました。

関連記事>>>AMOMAミルクアップ/スルー ハーブティーなど【口コミや効果】まとめ

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください