雑記

ネットで顔出しのメリットとデメリット|危険が家族に及ぶ可能性も

顔出し2

この記事では、これまでネットで幾度となく争われてきた

  • ブログで顔出すか?
  • 出さないか?
    について、そろそろ決着を付けたいと思います。

 

ではまず結論から。

ネットで顔なんか晒しちゃダメ!!!

この結論を前置きに話を進めます。

他のブログも覗きましたが、「んで、結局どっちやねん!」となる記事が多く思えました。

なので、迷ってる方は特に出さない!ことを強くお勧めします!!

顔を出すこと、出さないこと。これについては両意見あると思います。

今回はデメリットからはっきりさせていき、自分の考えも含めて整理していこうと思います!!

ネットで顔を出すデメリット

議論するまでもなくまず言えるのは危険であるという事。

顔をネットで晒すことにより個人の特定が容易になり情報はだだ漏れ。いくらでも悪用できますし、身に危険が及ぶ可能性すら出てきます。

自分だけならまだしも、配偶者や子供・家族にまで危険が及ぶ可能性を考えると、そこまでして顔を出す必要はどこにも無いと思います。

危険がいっぱい

インターネットは不特定多数の人の目に触れます。その中には悪い人・犯罪者もたくさんいるでしょう。

SNSの写真に写った手から指紋が読み取れる時代です。顔を出したことをきっかけにどんな危険を招いても不思議じゃない。

身の危険がなかったとして、行動パターンを予測されたり、家がバレて簡単に泥棒に入られたりなど。

これからの人生でそういったリスクを抱え続けることを思うと断じて出さないが賢い選択。考えるまでもないです。

今後、ネット社会はさらに広がり、ネット絡みの犯罪も多様化する可能性も踏まえて僕からは出さないことをお勧めしたいです。

 

■可能性として■

・空き巣

・強盗

・ストーカー

・詐欺

・誘拐etc.(オーコワ

マフィン
マフィン
平和ボケは後悔すると同時に初めて自覚します。 

奥さん
奥さん
こわい犯罪は確かに増えたわね

顔出しのメリット

一方で顔を出すメリットを挙げるとするならばやはりこれでしょう。

  • 自己ブランディング

顔出ししようと思う人の大半はこれが狙いかもしれません。

・ブログをまた読んでもらう

・自己の商品を購入してもらう

・信用の蓄積

この上で感情移入してもらうということは大きなメリットではないでしょうか。

覚悟を持っての顔出しならメリットはある

顔出しを「多少のリスク」と捉えるか、「自分にとってはリスクにならない」と考えた場合は問答無用で顔出し一択でしょうね。

それくらいこの感情移入されるということはビジネスにおいて大きな意味を持ちます。

経験あるかもしれませんが、「あの人が言うなら良い物かもしれない」とか「どうせ買うならあの人のところで」は[あの人]への感情移入です。

そこにさらに実績を重ねてファンになります。いわゆる常連さんです。常連さんが多いお店は名店の証。

たくさんの常連さんがいることを知ったお客さんがまたさらにファンになってくれるでしょう。

ブログはネット上のお店

最終的に多くの常連さんを獲得するために記事を書いたり、デザインを考えたりとみんな必死な訳ですから、顔出しはブログにおいて確かなアドバンテージであることは間違いないでしょう。

顔を出せて羨ましいなぁとは本音です。

まとめ

顔出しのデメリットを書き出し、さらにメリットを書いてみて思うのは、「顔出しアリやねぇ・・。各自事情も違うやろし本人次第なのでは・・」でした。(え

冒頭で他のブログさんのことを「んで結局どっちやねん!はっきりしくされやほんま!」みたいな書き方してすいませんでした。

結局は本人が決めることというところがこの記事での落としどころとします。

個人的な意見としてはこんな感じ。

 

まとめ▼

・趣味ブログならメリットを活かしきれないので出さない方が◎

・プロブロガーなら出しちゃうのもいち案(メリットも大)

となりました。

因みに僕はそれでも今は出さない派です。

以上、『ブログの顔出す、出さない論争遂に決着!』でした。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ブログ初心者が稼ぐ為に必要最低限な経費とは?|情弱ビジネスに注意

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください