ホストの裏側

「水商売の常識は一般での非常識!」理解できない業界のルール6選

水商売の常識アイキャッチ

この記事では過去水商売に11年間携わった経験を元に、【一般的には非常識な水商売の常識】を書いていきたいと思います。

その後、僕は一般企業に就職をする訳ですが、当時の感覚が抜けず戸惑うことも多々ありました。汗

一般企業にしか務めたことが無い方がほとんどだと思うので、読んでビックリされるかもしれません(笑)。

水商売の常識は一般の非常識

飲み屋のセット

挨拶は何時でも『おはようございます』

水商売では夜に会う人にも、その日初めて会う場合には『おはようございます』と挨拶します。

一般的に挨拶として朝は『おはようございます』、昼は『こんにちは』、夜は『こんばんは』ですよね?

水商売では『こんにちは』と『こんばんは』を使いません。

何時に会おうが、それがプライベートだろうが必ず『おはようございます』と挨拶します。

自分も水商売をあがりこの習慣が抜けるまで、一般の人に昼以降に『おはようございます』と挨拶をして『?』という反応をよくされたものです。

 

給料から謎の10%引き

水商売を始めたばかりの頃は盲目的に『こういうものか』と思っていましたが、よく考えるとおかしな話です。

1万円の給料の人も100万円以上の給料の人からも、変わらず支給額からの10%が天引きされていたんです。

この支給額に関わらず一律10%というのが、おかしなポイントです。

名目は源泉徴収。

叩けば埃の出るような管理体制のお店は、いまだにごろごろしていると思います。

大型チェーン店や老舗有名店などは、比較的そのあたりもしっかりしているでしょうが。

 

遅刻・欠勤は罰金

これも一般企業には無いルールですよね。

  • 遅刻30分毎500円引き
  • 欠勤15,000円引き
  • 無断欠勤30,000円引き
  • 店イベント時などには2倍~3倍になることも

100万、200万稼いでる人からすれば払えなくも無いですが(それでも異常)、入店したてのさほど稼いでいない新人スタッフなどにもお構いなしで適用されます。

当然支給額を罰金額が上回れば、手取りは0円ということです。

さらに遅刻・欠勤が続くと負債という形でマイナスは積み上がり、何年もの間1日1,000円の前借だけで過ごす後輩もいました。

僕は先に店を辞めたので最後はどうなったか知りませんが、いつだったか『店を辞めるためにマイナスを埋めたいので金を貸して欲しい』と電話がありました。

そんなもの払う必要ない!』と言ってお金は貸しませんでしたが・・・

そんなやり方の店、今でもあるかも知れませんね。

後輩の払いは先輩持ち

TVで吉本興業の芸人さんが言っているように、水商売の世界でも、払いは先輩持ちというのが基本的なルールです。

後輩の方が稼いでいても、飯くらいなら先輩が全部出します。

たくさん稼いでいる人間が、後輩を数人抱えて共同生活する場合も多く、その場合はまったく稼ぎの無い後輩の分は家賃も先輩が持つこともあります。

その代わりに店では自分の席に優先的にヘルプに着いてもらったり、お酒をたくさん飲んで売上に貢献したりと、多少雑用が増えるのはしょうがないのかも知れません。

 

売掛けを飛ばれたら従業員から回収

なのでお店は損をしない仕組みになっています。

実際に僕もお店には大金を自腹で支払った経験があります。

しかも結局その分の報酬はもらえませんでした。

その頃諸事情でもめる訳にはいかず、泣き寝入ることにしたのですが、かなりの金額が給料未払いのままになっています。

大きな金額はそう聞きませんでしたが、どこの店でも毎月数十万円以上の売掛けが飛ばれていて、その分はスタッフが自腹でお店に支払っています。

これも信じられませんが水商売の常識です。

基本的に他店とは仲が悪い

特別に付き合いのある店舗もありますが、基本的に腹の探り合いです。

同じ街にお店を構えるライバルですからね、良いお客さんの奪い合いでの小競り合いもちょこちょこあります。

ツブシは無しで、正々堂々お客さんを引き合うの正しい形なのでしょうが、まれにルールを破る人間もいてトラブルになります。

ツブシとは、お客さんに有ること無いこと情報を吹き込んで引っ張る、卑怯な手のことです。

だいたいは店の責任者同士が話し合うことで解決しますが、店同士の大乱闘に発展することもあるとか・・・。

漫画みたいですが本当の話です(笑)。

 

まとめ

ここまで一般的には非常識な水商売の常識を書いてきました。

以下はそのまとめ⇊

  1. 挨拶は何時でも『おはようございます』
  2. 給料から謎の10%引き
  3. 遅刻・欠勤は罰金
  4. 後輩の払いはすべて先輩持ち
  5. 売掛けが飛ばれたら従業員から回収
  6. 他店との関係性は良くない

となりました。

一般社会に照らし合わせて想像してみると、どれも理解しがたい内容だと思います・・・。

 

最後に

水商売に携わった期間が11年と業界では長い方だったので、その世界での常識が自分にも染みついていたと今なら分かります。

中にはまともな人間もいましたが、圧倒的に変な人間が多かったです。

なのでトラブルは日常茶飯事で、よく言えば飽きること無く楽しかったですが(笑)。

結婚を機に僕は身を引き、一般企業に就職しましたが、いまだに水商売の経営をしている同期もいますね。

波はあるようですが、なんとかまだ続けられているようです。

 

以上、『水商売の常識、一般の非常識』でした!

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ホスト全集アイキャッチ
カテゴリー【ホストの裏側】まとめ記事カテゴリーホストの裏側のまとめです。【あめにじブログ】にあるホストに関する全記事を載せてあります。...
ABOUT ME
マフィン
マフィン
はじめまして、マフィンと申します。 兵庫出身、広島在住 既婚 広島へは結婚を機に、奥さんの実家の近くに引っ越してきました。 趣味は音楽・映画鑑賞、野外Fes行くのも好きです。 自然も好きですが虫が超苦手です。 身長180cm、B型 マイペース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください