ホストの裏側

ホストクラブ体験入店の一部始終を元経営者が解説|失敗しない店選び

体験入店アイキャッチ

この記事ではホストクラブの体験入店について、一部始終を一連の流れで書いていきたいと思います。

過去に自分自身もプレイヤーとホストクラブ経営に11年間携わった経験と知識がありますので、この記事がこれからホストになろうとする人の【失敗しないお店選び】の一助になればいいなと思っています。

体験入店ってどんな感じ?

ホストになりたい

でもちょっと怖い

失敗しない店選び

サングラスを持つ男

今でこそかなり減ったとは思いますが、僕が業界に入った頃はまだ超体育会系でしたし、求人広告のうたい文句は嘘だらけ。

そのせいで紙媒体の求人誌には、ホストクラブの求人は載せられなくなった経緯もあるほど、当時は嘘の情報が溢れていました。

事実、僕が入ったお店も日給10,000円~20,000円と書いてありましたが、売り上げの無い期間(数か月~1年以上、個人差有り)は実際は日給3,000円。

体験入店料は2,000円だったかな?

なので、とにかく人の入れ替わりはもの凄く激しい業界です。

ほとんどの人間は『思ってたんとちゃう・・・汗』となる訳です。

毎日何人も面接に来る超人気店でしたが、ひと月もすれば99%辞めて居なくなっていました。

2018年現在はここまで酷くはありません。

体験入店料10,000円支給とうたっているお店でなら、条件通り支給する店がほとんどでしょう。

なんだかんだ天引きする店もあるかも知れませんね。

  • 貸しスーツ代-1,000円
  • 源泉徴収-10%

などなど、水商売ではよくある話。

あと、求人広告での『最大10,000円支給』という文言には注意です。

こういうお店は満額10,000円を出す気が無いお店。言葉のマジックです。

ホストクラブ体験入店の一部始終

店を慎重に選ぶ

上にも書いた通り、おかしな店も少なからずありますので、体験入店するお店は慎重に選んでください。

おすすめは大型店や有名店。

お店が大きくなるにはそれなりの体制が必要です。

従業員の満足度にしっかり気を使える経営者でなければ、お店は大きくなりません。

小さなお店や出来たばかりのお店は潰れてしまったり、理不尽な扱いを受けたりするリスクが高まります。

新規のお客さんも多い方が稼ぎやすいので、大型店且つ有名店を2,3軒選びましょう。

そしてすべて体験入店して、1番体制のしっかりしたお店に入店しましょう。

この項目が1番重要です

手間を惜しまず何軒か見て回ることをおすすめします。お店はインターネットの検索でいくらでも出てくると思います。

面接する

お店を選んで連絡を入れると、面接の日取りが決まると思います。

僕も何百人も面接はしてきましたが、明らかに接客業務が務まらない人間と一見して分かる人以外、面接で落とされることはありません。

持ち物/服装は

  1. 公的な顔写真付きの身分証(18歳未満・高校生は就労不可)
  2. 履歴書
  3. ライター
  4. スーツ/ネクタイ着用
  5. 革靴

これくらいの準備があれば問題ないかと思います。服装がスーツなのは、そのままその日に体験入店をする可能性があるためです。

心配なら事前にお店の人間に確認しておきましょう。当日体験入店の予定がないなら私服でも構いません。

お酒が飲めないならここでしっかり伝えておいた方がいいです。あと、他のお店にも体験入店する予定がある旨も伝えておいた方がいいかも知れません。

簡単なレクチャーを受ける

面接を受けたあと、そのまま体験入店が決まれば先輩ホストから簡単にレクチャーを受けます。

ざっと簡単に内容を書くと

  1. お酒の作り方
  2. タバコの火の付け方
  3. 接客以外のヘルプの役割
  4. お客さんへのNGワード
  5. 初めに知っておくべきお店のルール

こんなもんです。長くても30分ほどでレクチャーは終わると思います。(担当の性格次第(笑)

掃除の仕方を教わる

掃除は売上の無い新人ホストの仕事になります。

まだお客さんがいない新人ホストや、うだつの上がらない売れないホストが中心になって開店前の掃除を行います。

掃除くらいは誰でも出来るかと思いますが、とにかく教え方も雑です。

開店する

掃除が終われば間もなく開店時間かと思います。

開店してすぐに同伴出勤してくる先輩がいるかもしれませんし、30分、1時間と待機する場合もあります。

開店して1時間もすればぽつぽつとお客さんも入り始めるかと思います。その時のテーブルにセット(アイスやおしぼりなど)を持っていくのも仕事の1つです。

このあたりは比較的丁寧に教えてくれるかと思います。この後お客さんの前に出ることになりますからね。

ヘルプにつく

ここで初めてお客さんのテーブルに着きます。あなた1人でテーブルに着かされることはありません。

必ず指導係の先輩と一緒に着かされます。ここで問題なのが、その着いたテーブルの担当ホストとお客さんの人柄です(笑)

一切ニコリともしない2人の席ならそこからは地獄の時間ですし、体験入店の新人に『少しでも気を使ってやろう』という気のある席ならラッキーです。

まあお店側も、ちゃんとあなたのことを考えてくれるお店であれば、前者のような席は意識して避けてくれるかと思います。

一緒に着いてくれる先輩も気を使ってくれる人なら気は楽ですね。これはもう運です。

複数のテーブルに着くことになると思います。それがホストのお仕事です。

閉店作業をする

6~8時間の営業時間(店による)を終えると、お客さんが捌けたあと閉店作業です。

  1. テーブルの片付け
  2. 洗い物
  3. ゴミ出し
  4. 発注
  5. ミーティング

だいたいこんなものでしょう。

掃除は開店前にやりますし、閉店後は簡単に済ませるかと思います。酔っぱらってますしね。

最後に軽く打ち合わせ

ミーテイングが終わると最後に担当の人に呼ばれるはずです。

今後のことを2,3打ち合わせてその日は終了です。

  1. 体験入店料の受け取り
  2. 今日の感想
  3. 本入店するか?

このあたりでしょうか。

働きながらちゃんとお店を観察し、1番自分に合ったお店を選んで本入店するようにしてください。

人間関係は徐々に出来ていくので、そこまで心配は要りません。

まとめ

ここまでホストクラブに体験入店する際の流れと、失敗しない店選びについて書いてきました。

以下は体験入店の一部始終の流れまとめ⇊

  1. ネット検索などでお店を数軒ピックアップ
  2. 連絡を入れて面接のアポをとる
  3. 面接時はスーツ/ネクタイ推奨
  4. 簡単に仕事のレクチャーを受ける
  5. 開店前の掃除
  6. 先輩について接客体験
  7. 閉店後片付け
  8. 最後に2,3打ち合わせて終了

となりました。

最後の打ち合わせの際には、1日体験してみた上で疑問思った事はしっかり聞いておいた方がいいですね。

最後に

僕がホストになった理由は『自分のお店が持ちたい』と思ったのがきっかけでした。

そのためには大金が必要で、当時の僕がそのために選んだ最短ルートが【ホストで稼ぐ】というものでした。

実際に夢は叶えることが出来ましたし、こうやって今それについての記事を書くことも出来ています。

この記事を読む【これからホストになろうとする人】にとって店選びは人生を左右する要素にもなるかも知れません。

短い期間であっても、後悔の無い方を選んで欲しいものです。この記事がそんな人の役に少しでも立てばいいなと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

以上、【体験入店の一部始終と失敗しない店選び】についてでした。

ホスト全集アイキャッチ
カテゴリー【ホストの裏側】まとめ記事カテゴリーホストの裏側のまとめです。【あめにじブログ】にあるホストに関する全記事を載せてあります。...
ABOUT ME
マフィン
マフィン
はじめまして、マフィンと申します。 兵庫出身、広島在住 既婚 広島へは結婚を機に、奥さんの実家の近くに引っ越してきました。 趣味は音楽・映画鑑賞、野外Fes行くのも好きです。 自然も好きですが虫が超苦手です。 身長180cm、B型 マイペース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください