雑記

大阪都心から広島へ移り住んで良かった理由10選|地方移住のすすめ

地方移住2アイキャッチ

この記事では、11年間暮らした大阪から広島へ移住した僕が、『大阪から広島へ移住して良かった』と思う理由を10個挙げて書いていきたいと思います。

都会から地方に移住するのは、正直勇気がいりました。

知人、友人は1人も居ませんし、仕事も変える必要があることがほとんどでしょう。

それでも僕は今、地方移住して良かったと感じています。

そんな地方移住と広島について、思うことを書いていきます。

地方移住を考えている人

広島で暮らしてみたい人

都会に疲れた人

大阪から広島へ「地方移住して良かった」と思う理由

原爆ドーム

家賃が安い

とにかく家賃が安いです。

大阪では都市中心部で暮らしていたのもありますが、ほぼ同じような間取りでも、少なくとも3割から5割は家賃が高い印象でした。

例えば大阪時代1人暮らしをしていた南堀江の1LDK駐車場無しの部屋は、家賃13万くらいでしたが、現在広島市で妻と暮らす2LDKの部屋は駐車場込みでも7万ちょっとです。

堀江が特別家賃が高い地域なのと、今の部屋が広島市でも端の方だということもありますが、この家賃相場の差は魅力ではないかと思います。

人が少ない

人が少ないところも気に入ってます。

電車もだいたい座れますし、狭い道が多い地域ですがその分車も大阪ほど多くないので渋滞も大したことありません。

お祭りや大きなイベントなどに参加しても大阪の時に感じた、【人が多すぎるゆえの不便】をさほど感じず快適です。

なにかと待ち時間なども少ないのは嬉しいですね。

お好み焼きが美味しい

大阪も美味しかったですが、僕は広島焼が好きです。

大阪にもお好み焼き屋さんはありましたが、広島の方が多い印象。

その数が桁違いです。

自宅の1階部分を小さく店舗として使い、近所の【お好み焼き腕自慢の母ちゃん】がそこら中でお店をやってるほど、広島にはお好み焼き屋さんが多いです。

僕の住んでる地域の歩いて行ける狭い範囲ですら、思い当たるだけで5~6軒のお好み焼き屋さんがあります。

お好み焼きは広島県民にとってまさにソウルフードなのです。

僕は食べられませんが、牡蠣(かき)も有名ですよ!

自然が豊か

大阪で暮らしていた時は、自然は【見に行かないと見れないもの】でした。

広島は山が多く、海も近いのでたくさんの自然に囲まれています。

広島駅の周りは都会で拓けていますが、少し行くともう海と山だらけです。

僕が暮らす地域では360度見渡す限り山、山、山です!どこを向いても緑だらけ!大きな川も流れています。

四季を感じられ、心も豊かになる気がします。

観光地も豊富

広島は世界的に有名な観光地です。

外国人の観光客も多く、東京/大阪以外の街でここまで外国人が多いことに初めは驚きました。

  1. 原爆ドーム
  2. 平和記念公園
  3. 厳島神社

世界で唯一の被爆国、その爆心地である原爆ドームを一目見ようと世界中から人が訪れます。

なかでも欧米人が多く、家族連れやバックパッカーなどでいつもドーム近辺は賑わっています。

宮島(厳島)も可愛い鹿がいたりして綺麗なところです。

広島弁が溢れている

映画や漫画で観ていた広島弁が溢れています。

僕は関西出身なので、広島に越してきてもう3年目になる今でも、ゴリゴリの広島弁を聞くと嬉しくなります。

じゃけぇ』とか『わいねぇ』とか、関西であれば老人しか使わないような言葉を若い女性などが普通に使っているので、方言フェチの方にはおすすめです(笑)。

そして逆に関西弁(他の地域の方言)を珍しがってもらえるので、覚えてもらえやすかったりと良いことばかりなのです。

地域の人達が優しい

広島は妻の実家があるところなんです。

今の部屋も妻の実家の近くに借りているのですが、とにかくご近所付き合いが盛んです。

特にこの辺りがそうなのではないか』と妻は言っていましたが、広島にはご近所同士で声掛けや助け合いをする土壌があるように思えます。

そこで暮らす子供たちも礼儀正しく、古き良き時代の風習が色濃く残っているようなイメージがあります。

子供を育てるには良さそうです。

治安が良い

これ、大事です!

大阪の治安が特に悪いのもありますが、大阪に比べると広島はかなり治安が良いと感じます。

大阪に暮らしている頃は、夜、突然目の前を歩く大男がたくさんの人(警察)に押さえ込まれたり、隣の部屋の玄関を1晩中蹴り続ける人がいたりと、とにかく変な人が多かったんです。

広島に越して来てからは、怖い思いもしたことはありませんし、夜が静かで過ごしやすいと感じています。

無駄なお誘いが減る

休み前のお誘いがほぼ無くなります。

広島は妻の地元ですが、僕自身の友人など1人もいません。

これは人に寄るかも知れませんが、僕は自分の時間を邪魔されずに使えるようになってすごく良かったと感じています。

飲みに誘われて飲みに出かければ、お金も使いますし家族と過ごす時間も減ります。

時には行きたくもない飲み会にも参加せざるを得ない状況もあったでしょうが、今はそれが無くなりました。

どうしても友人に会いたくなれば、新幹線に乗って1時間ほどで会いにも行けます。

実はこのポイント、僕の中ではかなり大きかったりします。

帰省の手間が半減

盆や正月、妻の実家に帰る手間が省けます。

大阪ー広島間の交通費は新幹線だと、自由席で往復1人2万円前後かかります。

これが2人だと倍の4万。盆と正月の年2回で8万。

これが毎年交通費だけでかかると思うと、ちょっと痛い出費かなと思います。

これだけでも地方で暮らすメリットの1つにはなるのかなと。

義理の母も娘が近くに暮らし始めて、かなり喜んでくれています。

最後に

大阪から広島へ、地方移住して良かった理由を書いてみました。都会で消耗した心にはかなり地方の環境が快適でしたよ。

大阪に居る時は、それが当たり前になってしまっていて、自分が消耗していることにさえ気づきませんでした。

今では地方移住を決めて本当に良かったと思っています。

この記事が、これから地方移住を考えている人の役に少しでも立ったなら嬉しい限りです。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください