不妊治療

不妊治療の費用一例「1回70万円以上も?」うちの夫婦の場合

不妊治療費一覧

この記事では僕ら夫婦が現在行っている治療の費用を細かく書いていこうと思います。
今後、治療を考えている方の参考になったり、ご自分の周りで不妊治療をされている方がいる場合の理解の手助けになれば幸いです
興味本位にでも覗いてみてください。

各種検査料もろもろなどを含めると、今回70万円は軽く超えそうです。

料金は病院によってさまざまなので、詳しくは通われるあなたが治療を行う予定の病院へお問い合わせください...

現在治療中の不妊治療費用

ざっと書き出してみます。

人工授精(AIH)

20,000円

 

採卵

採卵基本料100,000円

採卵加算(1個~)2,000円/個

 

精液処理

精子処理20,000円

媒精10,000円

 

初期胚培養

100,000円

 

顕微授精

顕微授精基本料60,000円

顕微授精加算(2個目~)5,000円/個

 

胚移植

50,000円

(2段階胚移植の場合は2回で75,000円)

 

胚凍結保存

胚凍結基本料50,000円

(1年間の凍結保存料を含む)

胚凍結加算(2個目~)5,000円/個

 

凍結胚融解

胚融解基本料60,000円

(孵化補助費用含む)

胚融解加算(2個目~)3,000円/個

 

胚盤胞培養

50,000円

(1つも胚盤胞に発育しなかった場合は25,000円)

 

精子凍結保存

30,000円

(1年間の凍結保存料を含む)

 

精子融解

15,000円

 

以上、僕達が今現在行っている治療費用の詳細です。
上記を行う前のいくつもの検査を含めると70万円は軽く超えることになる計算です。

上記だけでざっと565,000円

マフィン
マフィン
これだと続けて何度もチャレンジという訳にはいかへんなぁ・・

奥さん
奥さん
一般的な経済状況からは難しいね・・・

最後に

大勢の方が普段知ることのない不妊治療費。ここに書いてあるのはほんの1部です。
細かい検査や準備段階に飲む薬、点鼻薬、数種類の注射。僕から見て奥さんは本当に頑張って治療に取り組んでいると思います。

それくらい子供が欲しく、母親になりたいんだと伝わってきます。
僕もこうなった今、出来ることは本当に限られてしまいましたが、奥さんの負担を少しでも減らせるようにやっていきたいです。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。
以上、不妊治療にかかる費用一覧でした。

2人の未来アイキャッチ
不妊治療の辛いところ4点|「離婚は考えない」治療歴4年目の夫婦この記事では実際に不妊治療を始めて5年になる夫婦が思う「不妊治療の辛さ」を4つあげてみました。経済的にも年齢的にもそろそろきつくなってきたと感じてます。不妊が原因で離婚する夫婦もあるそうですが、ウチの夫婦はそれは問題なさそうです。...
ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください