赤ちゃん・子育て

不妊治療(体外受精)の費用一例「1回70万円以上?」ウチの夫婦の場合

不妊治療費一覧

この記事では、僕ら夫婦が実際行った特定治療の費用などを個別に書いていきたいと思います。
今後、治療を考えている方の参考になったり、ご自分の周りで不妊治療をされている方がいる場合の理解の手助けになれば幸いです

興味本位にでも覗いてみてください。
各種検査料もろもろなどを含めると、今回1回の支払いは70万円は軽く超えそうです。

料金は病院によってさまざまなので、詳しくはあなたが通う予定のある病院へ、直接お問い合わせください。

マフィン
マフィン
当記事執筆後に赤ちゃん無事授かりました。
最後の最後のチャレンジで着床、感激です!

不妊治療(体外受精)の費用一例

ささーっと書き出してみます。
人工授精以外は僕達夫婦の実際に行った治療です。

クリニックによって費用は大きく変わることがありますので、あくまでもこれ一例だということをご承知くださいね。

人工授精(AIH)

夜の営みを前提としない受精。
これはウチはやってませんが、例として金額を挙げておきました。

排卵日にあらかじめ採取しておいた夫の精子を子宮腔内に極細のチューブで送り込みます。

人工授精は痛みも伴わず、治療後もすぐに帰宅できます。
タイミング法の次の段階で試す人が多いイメージ。

こちらはウチが通うクリニックでは20,000円です。

採卵

採卵基本料は100,000円、採卵加算(1個~)2,000円/個です。

つまり、1度の採卵で10個卵子が採れたとすると、2,000×10で20,000円。
そこに基本料の100,000円と合わせて110,000円の支払いとなります。

採卵は体外受精を行う場合のみにする治療です。

奥さん
奥さん
採卵には若干の痛みと出血が伴う場合がありました。

精液処理

精子処理には20,000円かかりました。
媒精には10,000円ほど。

この媒性というのが俗に言う体外受精で、調整された精子を卵子が入った培養液に入れ、受精を促す処置のことを指します。

奥さん
奥さん
出来る限り自然に近い方法をとりたいと思っていたので、顕微授精の前にこれも2度ほどチャレンジしました。

初期胚培養

初期胚の培養には100,000円もかかりました。
初期胚は物凄く不安定なようで、せっかく受精しても、お腹に戻せる状態にまで育たない卵もたくさんありました。

胚の培養は専門家(胚培養士)がいるほど高度な技術で、体外受精の肝はおそらくこの処置なのかなと思っています。

マフィン
マフィン
なので、特にお金がかかってしまう部分です…。

顕微授精

顕微授精

出典:体外受精・顕微授精について/新百合丘総合病院産婦人科

体外受精の中でも最後の手段的な手段がこの顕微授精。
顕微授精の基本料は60,000円で、顕微授精加算として(2個目~)5,000円/個かかります。

体外受精(培養液に精子と卵子を合わせる処置)で受精しにくい場合に選ばれる方法で、ウチは最終的にこの顕微授精で受精させた卵で授かりました。

画像のように専門家が受精させる精子を顕微鏡で選定して、卵子に特殊な針で差し込みます。

胚移植

培養した胚をお腹に戻す処置で50,000円かかりました。
2段階胚移植の場合は2回で75,000円です。

2段階胚移植をするメリットは着床確率のアップで、デメリットと言えるかは分かりませんが、多胎妊娠のリスクが上がります。

双子以上ができる確率が高くなるということですね。
これが不妊治療をするご夫婦に双子が多い所以です。

奥さん
奥さん
ウチも授かった最後の時は、卵(受精卵)を2個同時にお腹に戻しました。

胚凍結保存

培養してお腹に戻せる段階まで育った胚を、凍結保存する処置です。
胚凍結の基本料は50,000円でした。(1年間の凍結保存料を含む)

胚凍結加算は(2個目~)5,000円/個で、こういう費用がなんやかんや嵩んでいって最終的にウン十万円になるといった印象。

凍結胚融解

凍結保存していた胚を、融解させる処置です。
胚融解基本料は60,000円かかりました。(孵化補助費用含む)

胚融解加算は(2個目~)3,000円/個です。

先生もはっきりは根拠は分かっていないとおっしゃっていましたが、何故か1度冷凍保存した卵の方が、着床しやすいというデータがあるそうです。

素人考えでは、より新鮮な卵の方が良さそうなものですが、過去のデータにはそう出ているらしく不思議でたまりません。

胚盤胞培養

胚盤胞の培養には50,000円かかりました。(1つも胚盤胞に発育しなかった場合は25,000円)

胚盤胞とは、体内で子宮に着床する時までに育っているはずである、本来の自然妊娠に近い卵の状態を指します。

  • 初期胚とは受精後1~3日目の状態
  • 胚盤胞とは受精後5~6日目の状態

を言います。

初期胚をお腹に戻すより、胚盤胞を戻す方が着床率はUPします。
ですが、ウチの場合なかなか上手く育ってくれませんでした。

この胚の成長具合には、卵子や精子、卵の状態が大きく関わっているんです。
そして、悲しいかな年齢と共に、卵子や精子の質は下がり続けていきます。

マフィン
マフィン
後悔の無いように、治療はスピードが命です。
授かる確率に直結します。

精子凍結保存

採取しておいた精子を凍結保存できます。
費用は30,000円。(1年間の凍結保存料を含む)

精子も年々歳を重ねるごとに、質が下がっていきますので、欧米では若い内に自分の質のいい状態の精子を凍結保存する人も少なくないと聞きました。

そして、パートナーが見つかった時に卵子と掛け合わせて赤ちゃんを作るそうです。
これなら病気で精子が作れなくなったりするリスクは避けられますね。

マフィン
マフィン
極論にはなりますが、もし自分が亡くなっても、これなら赤ちゃんは作れるには作れます。(現在の法律では認められていませんが)

精子融解

凍結保存していた精子を融解させて使用する処置で15,000円かかりました。
とはいえ、後からそう聞かされるだけで、実際目にしてませんので実感は正直ありません。

「精子とか卵子とか凍らせて、赤ちゃんに影響は無いの?」なんて、思ったこともありますが、高度不妊治療の歴史はまだ浅く(30年ほど)データが十分ではないようです。

しかし、今のところ特定不妊治療による重篤な欠陥は見つかってないからこそ、ここまでの発展があるんだと思います。

実際に高度不妊治療の恩恵にあずかることになった僕達は、今幸せだということは紛れもない事実です。

マフィン
マフィン
世界で初めて体外受精で生まれた子供が、今はまだ30歳くらいだということです。
現在も問題無く生きておられると聞いています。

 

以上、僕達が今現在行っているものを含む不妊治療費用の一例です。
上記を行う前のいくつもの検査・投薬を含めると、今回は70万円は軽く超えることになる計算です。

マフィン
マフィン
上記だけでざっと565,000円です。

 

大勢の一般的な方が普段知ることのない不妊治療費用。
ここに書いてあるのはほんの1部です。

細かい検査や準備段階に飲む薬、点鼻薬、数種類の注射。
僕から見て奥さんは、本当に頑張って治療に取り組んでいると思います。

それくらい子供が欲しく、母親になりたいんだと伝わってきます。
僕も出来ることは本当に限られていますが、奥さんの負担を少しでも減らせるようにこれから動いていきたいです。

その他の不妊治療の種類について

僕も治療を始めるまではよく知らないことだらけでした。
一般的に上記以外に治療法として、

・タイミング法  

排卵誘発法

などがあり、各夫婦の状況や不妊の原因によって、先生と相談しながら治療法は決まります。

イミング法

タイミング法は簡単に言うと排卵日を特定して狙い撃ちするという方法

排卵日を予測して、それに合わせて夫婦生活をとっていただく方法です。
排卵された卵子が受精する能力を維持できる時間は、排卵後8~12時間までと言われていますので、排卵から6時間前後の妊娠率が高くなる時間に合わせて、タイミングをご指示いたします。
タイミング法には、自然周期に行う方法と排卵誘発をした周期に行う方法の2通りがありますので、それぞれの患者様に合った方法を選択します。

出典:セントマザー産婦人科医院HP タイミング法

排卵誘発法

文字通り排卵を助ける治療。

卵巣刺激ともいいます。
排卵誘発剤と呼ばれる飲み薬や注射を使用して卵巣を刺激し、卵子の発育を促すことです。

卵巣から排卵される卵子の数は、一般的に毎月1個だけですが、実際にはその1個以外にも多くの卵胞が発育しています。
排卵される卵子に選ばれるのは「主席卵胞」と呼ばれる「最も発育の進んだ卵胞」のなかにあったもので、主席卵胞以外は栄養として体に吸収され消失します。排卵誘発の目的とは、本来消失される主席卵胞以外も「排卵を誘発」するために刺激を加えて発育させることです。
そうすれば、良質な卵子を数多く採取することができ、治療の成功率は大きく上昇します。
つまり、排卵誘発とは、治療の成功率を大きく左右する要因の一つといえます。

出典:セントマザー産婦人科医院HP 排卵誘発

不妊治療費の負担はいくら?保険は使えるの?

保険は使えるものとそうでないものに分かれます。
生殖補助医療については保険の適用外になります。

その分助成金などもあったりしますので、それについてはまた書きたいと思います。
不妊治療は費用もさることながら、心と体にも大きな負担となっていくものです。

関連記事>>>
不妊治療【顕微授精から胚移植】に実際かかった費用と助成金について

それでも「子供が欲しい」「我が子に逢いたい」「母親になりたい」という想いは強く、頑張って続ける方がたくさんいます。

治療1回の平均費用

病院によっても費用は違いますが、一般的に費用は約30万円から約70万円(ざっと一回にかかる費用を書くとするなら)くらいでしょうか。

今回は病院を変えて挑戦中なのですが、治療はまだ途中なのにも関わらず病院Bの費用は病院Aのそれを大きく上回っています。

その分治療法や気配り、アフターケアといった点で天地ほどの差がありましたが、それでも最終的には倍近い金額になりそうです。

といっても、比較は難しくはあるんです。

前回と治療の目的はほぼ一緒ですが、アプローチがまったく違いますので金額も当然変わってきます。

『不妊治療/体外受精一回の治療費用目安』

としてあえて出すなら約45万円、こんな数字に近くなると思います。

最後に

今回、不妊治療の治療法や費用についても触れましたが、知りたいことは書いてありましたでしょうか?

これから治療を検討中の方に少しでも参考になったなら幸いです。
これからも不妊治療については書いていきたいので読んでみてください。

不妊治療の記事関連記事の1部>>>
体外受精で妻が念願の妊娠!胚移植 計6回目で起きた【奇跡】

妻が【ショウガ葉酸】を使っていたので妊活効果を聞いてみた|その他ネットの口コミも!

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください