ブログ運営

もしもアフィリエイトのAmazonの審査が6回目落ちてから合格した話

今回この記事を書こうと思ったきっかけは、自分が何度も【もしもアフィリエイト】のAmazonの審査に落ちて悩んでいる時に、検索してもぴったしな情報が出てこなかったためです。

結論を言うと自分の場合は、Amazonでの買い物経験が無かったので通らなかった説が今のところ有力です。

言い切れないのはどこにも明示されている根拠ではないからです。

最終的にもしものAmazonにも承認された話を、順を追って書いていきたいと思います。参考になれば嬉しいです。

■初心者がまず登録しておきたいASP■

 

バリューコマース(Yahoo!系、食べログなど身近なジャンル)

もしもアフィリエイト(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングがまとめられて便利)

A8.net (なんでも揃っている業界最大手ASP)

アクセストレード(オンラインゲーム、金融系に強い)

ASPもしもアフィリエイトのAmazonの審査に6度落ちた話

閉店中の店

『審査が厳しく通りにくい』とされている本家Amazonアソシエイトには実は一発で通りました。
ダメ元でブログを作った初月に申請したのですが、あっさり通過。

『なんだ、ちょろいじゃない』と思っていた矢先、【もしもアフィリエイトのAmazon】に6回も落とされるとは思いませんでした。

以下、合格までの経緯です。

もしもアフィリエイトのAmazon合格までの審査期間など

なにも考えずにそのまま申請(1回目)

本家のAmazonアソシエイトにあっさり通っていたものですから、もしもアフィリエイトのAmazonにもすんなり通ると思っていました。

ですが、申請から1週間近くたっても音沙汰が無く、忘れた頃に届いたメールには非承認の文字が・・・

落ちるなんて毛先ほども思ってなかったので、若干ショックに感じながらもすぐにGoogle検索し、情報を探します。

『・・・ん?

・・・無い?

というか、検索の仕方が分からない・・・』

『もしもアフィリエイトのAmazon審査に落ちた時の対処法』

という記事は出てくるのですが、

『Amazonアソシエイトには通っているのに、もしもアフィリエイトのAmazonには落ちた』

という記事が見つからないのです。

たしかに検索するには少し長すぎる・・・

結局目当ての記事には出会えず、『なにも手を加えずに申請し直したら通った』という謎の情報を頼りに申請し直します。

なにも手を加えずに申請(2回目)

すぐになにも手を加えずに申請し直しました。結果は非承認。

メールは今回も1週間ほどで届きました。

問題がありそうな16記事ほどを下書きにしてから申請(3回目)

これはなにか原因があると思い、過激な表現に受け取られかねないものや、夜のお仕事の話など、とにかく少しでも【もしもアフィリエイト】の規約に触れる可能性のあると思われる16記事を下書きにして再度申請。

こちらも結果は非承認。

『これでいっただろう』と思っていただけに、こたえました・・・

打つ手なし。

4~6回はなにも手を加えずに無心で申請を繰り返す

・・・非承認。

非承認。

・・・非承認。

5回目の非承認はなぜか食い気味にメールが来ました。ちょっとしつこかったでしょうか?

もしもアフィリエイトAmazon7回目でついに承認

なかば諦めつつ、7回目の申請をしてまた数日放置しているとメールが来ました。

提携が承認されました!【もしもアフィリエイト】

『ん?通った・・・なんでだ??』

これまでのれんに腕押し状態だった【もしもアフィリエイト】のAmazon、7回目にしてとうとう承認されました。

そして6回目に落とされた時から承認された7回目の申請までに、僕がやったことが1つだけあったんです。

それは・・・

審査通過の要因はAmazonでの買い物歴か?

なんとAmazonで買い物をしただけです。その3日後に承認のメールが来ました。

噂は本当だったのです。

『Amazonで買い物したことが無いアカウントは審査に通りにくい』

支払いした瞬間です。承認のメールが来たのは。それ以外の理由が見当たりません。

ではなぜ本家Amazonアソシエイトは通ったのか?

残念ながらこれについては答えが見つかっていません。絶対落とされると思っていたブログ開設初期に申請したにも関わらず、一発合格ですから。

A8のAmazonも一応申請してあるのですが(1回落とされてる)、こちらはまだ返事がありません。

とにかく【もしもアフィリエイトのAmazon】審査に通って良かった・・・。

まとめ

本家のAmazonアソシエイトには承認されているにも関わらず、もしものAmazonの審査が通らない原因は、僕の場合はおそらくAmazonでの買い物歴0という点でした。

Amazonで買い物した経験が無かったようで、6回審査に落とされた後に1度買い物をした直後に審査に通過しました。

しかし、『Amazonでの買い物歴が無ければ審査は通らない』とはAmazonやもしもアフィリエイトの規約には書いていませんので、正解かどうかは分からないままです。

『何度も試したがもしものAmazon審査に通過できない…、もう打つ手が無い』という人で、Amazonで買い物をしたことがまだ無いのなら試してみる価値はあるでしょう。

この記事が僕と同じ理由で悩んでいる人に届きますように。
ここまで読んでくれてありがとうございました。

■初心者がまず登録しておきたいASP■

 

バリューコマース(Yahoo!系、食べログなど身近なジャンル)

もしもアフィリエイト(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングがまとめられて便利)

A8.net (なんでも揃っている業界最大手ASP)

アクセストレード(オンラインゲーム、金融系に強い)

関連記事>>>アフィリエイト初心者が【まず最初に登録した】ASP7選

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。今は趣味でブログをしています!

POSTED COMMENT

  1. でじごり より:

    単純な興味なのですが、もしものアカウントとAmazonのアカウントってAmazon側から見て紐づけ判定ができるのでしょうか?
    つまり、もしもでAmazonの申請をしている人と、買い物をした人をどのように同一とみなせるのでしょうか?

    • たしかに…。
      考えもしませんでした。
      もしもの申込み内容は忘れましたが、何をしても通らなかった審査が、噂をあてにAmazonで買い物をしてみたら通ったということは事実です。
      可能性があるとすればサイトででしょうか?
      Amazonアカウント→サイト→もしもAmazonアカウント
      【本家Amazon】にも【もしもAmazon】にも、同一のサイトで申し込みしています。
      ちょっと無理ありますかね(笑)

  2. YOSHI より:

    初めまして、私もアマゾンアソシエイトは1発合格でしたが、もしもアフィリエイトで2回見送りになりました。

    Google AdSenseも1発合格したのになんで?という感じで自分のサイトの何が悪いのか見当が付けられない状況です。

    そこで、あめにじさんにお聞きしたいのですが、再申請を何度も行っていたようですが、その際にメールアドレスは変えていましたか?
    というのは、もしもアフィリエイトからの返信内容で、

    「ご登録希望の方は、上記に注意して別のメールアドレスで
    あらためてご登録ください。」

    という文章があるので再申請のたびに新たなメールアドレスを用意しくてはんばらないのかと疑問に思っています。
    ちなみに、2回目の申請時には1回目とは別のメールアドレスで申請しました。

    再申請するのは仕方がないですが、そのたびにメールアドレスを変えないと駄目となるとその労力の方が面倒くさいです。

    その辺を踏まえて、あめにじさんが再申請したときの流れを教えていただけると助かります。

    長文・駄文失礼しました。

    (><)

    • YOSHI、ブログ読んで頂いて感謝です^^
      私の場合はメールアドレスの変更指示は無かったように記憶しています。
      なのでメールアドレスを変更して再申請した記憶もありません。
      ただ、もしものルールが変わった可能性も考えられますので、指示にメールアドレスの変更があるのでしたらその通りにした方が無難かと思います。
      明確な答えを持っておらず、お力になれず申し訳ないです( ;∀;)

      • YOSHI より:

        あめにじさん、コメントありがとうございます。
        もしもサポートに問い合わせたところ、
        過去に登録していた為の重複登録というオチでした…
        というわけで、最初に作ったアカウントで無事に申請できました。
        お騒がせして申し訳ありませんでした。
        m(_ _;)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください