病気のこと(SAD)

30代で無職からプロブロガーを目指す理由|社交不安障害(SAD)

SAD

現在30代も後半に差し掛かり、家族も持っている働き盛りのはずの時期なんですが、生鮮疾患を患いました。(正確には持病の再発・悪化)

病名は社交不安障害(SAD)。
異常なまでの不安を社会生活の中で引き起こすことにより、日々の暮らしに支障がでてしまう病気です。

この記事では僕が「これからは食ってくためにブログを書く」と、決めた経緯について書いていこうと思います。
決して明るい話ではありませんが、これも現実。
自分の置かれた状況でベストを尽くすしか無いというのはこれまでもそうでした。

出来ていたことが出来なくなっていく恐怖はありますが、底抜けに明るい奥さんのおかげでなんとか楽しくやれている現状です。

なので、『1日も早くブログで生計を立てられるようになりたい』というのは本心。
これからの自分の頑張り次第ではあります。

社交不安障害(SAD)

僕、今月の5月19日までは普通に会社員でした。
ずっとくすぶってた病気をこじらせて、会社を辞めてしまったんです。2018年5月19日付で退職しました。

なので現在は無職!稼ぎも0円で、副業などはしておりません。30代半ばで無職ノープランはシビれますよね、ほんと。(奥さんが1番シビれてる)
そして僕は今、病気で通院しています。病名は社交不安障害(SAD)というものです。

社交不安障害・SADの症状(個人差あり)

  • 対人に異常なストレスを感じてしまい、自分がコントロール出来なくなってしまう病気
  • 症状は個人差があり様々

例えば、

・異常発汗

・手の震え

・視線恐怖

・人前で声が出ない などなど。

僕の場合は人と向き合うだけで緊張がMAXになっちゃって、目を合わすのも苦痛で不自然に人を避けるもんですから、人間関係の構築が上手くいかずさらに悩むといった悪循環。

視線恐怖もあり、周りから自分がなにかすごい『気持ちの悪いものに見えてないか?』酷い時はそういう風に思えて仕方がない日もありました。

挙動不審で周りの人間も僕のこと扱いに困ったんじゃないかと思います。病気の原因がよく分からないので、予防や対策もたいして出来ないのが辛いところ。

社交不安障害の症状は20代半ばから

20代半ばの頃から「ん?おかしいな。」と感じてましたが、波があったり良いときもあったので、通院したり様子をみたりしてこの歳までなんでとか付き合ってきました。

現在は仕事を辞め、家で1人で作業をしている分にはなにも問題ありません。発作などはなく、人と接しない限りはまったくもって普通。

身体も動くし食欲もあります。
ただ1点、人と接する事に過剰にストレスを感じてしまうのです。

大阪から広島に引っ越すことに決めたのも、この病気の存在は大きかったです。
会って実際に話すことがどうもダメみたいです。

特に大勢その場に人がいて、○○さんに挨拶に行かなきゃ失礼になる状況とかもう最悪です。

『どのタイミングでいけばいいのか?』

『どれくらいの時間話すのがベストか?』

『そろそろ話し切り上げた方がいいのか?』

そんなことで頭がいっぱいになってしまい、気づいたら誰にも告げず1人で家に帰ってたりしました。
メンドクサイでしょ?
僕もそう思います。
こんなこと昔はなかったので余計困ってます。

社交不安障害症状のトリガーが存在する

なぜかちょっと大丈夫な相手もたりして、自分でもトリガーがどこなのか未だにはっきりしてません。

トラウマとか関係あるんですかね?自覚はないです。
変な病気です、ほんと。

熱が出たり、血が出たりしないので、分かってもらい難いのが精神疾患の辛いところ
このことでたくさんの人が苦労していると思います。

初めての通院は勇気が必要だった

だから自分は病気かもしれないと思ってから、実際病院に初めて行くまでは時間がかかりました。
誰だって初めは「自分に限ってそれはない」ですしね。僕も例に漏れずそう思ったんです。

なので決して気持ちの問題と片付けてしまわず、悪いと思ったら診てもらってしっかり治療するべきだと思います。
治りにくくなりますからね、ほんとに。放っておくと他の場所も悪くしたりしかねない。
フットワーク軽く病院行きましょうね。

社交不安障害・SADまとめ

まとめてみます。

まとめ▼

病気になった(社交不安障害 SAD)

↓↓

ストレスがコントロールできない

↓↓

人と会うのが辛い

↓↓

会社勤めは厳しい

↓↓

1人で出来ることはないか?

↓↓

ネットを使ったブログビジネスなら1人で出来る!!

といった経緯です。なので、自分は逃げ道がなくやるしかないのです。
貯蓄等で当面は生活できると思います。
不妊治療中なのですが、そのあらかたの費用もすでに工面しました。

最後に

嫁の実家近いんで、向こうの家族からしたら心配でしょうね。
田舎で暮らす年配者からすると、働き盛りの男が働かない・会社に属さないのは異常でしかないでしょう。

でもやるしかない。今はそう思ってブログを書いています。

SADで悩む人たちへ

今もSADを患いながら会社に行っている人も多いと思います。心の病気にも波がありますね。

今はなんとかやれていても、外にも出れない日が来るかもしれない。その時あなたは立ち止まれる状況にないかもしれない。

家族の病気だったり新しい家族が出来たりと、その時のあなたは今より状況が良いとは限らない

もし今休めるなら、休んででも治療した方がいいと僕は思います。
後で治したくても、時間をかけて捻じれてしまった症状は元には戻らないかもしれないんです。

心の病気はそういう病気だと感じてます。決まった形がありません。
あなたの「休める訳ない」は本物でしょうか?

意外と手放しちゃうと楽になって、案外自分の幸せはそっちにあったりするかもしれません。
その人にはその人に合った生き方があるのは、この時代新しい常識かと思います。

 

以上、僕がブログを書く理由でした。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

100記事アイキャッチ
ブログ100記事到達!開設後約4か月|予想よりPVも収益も。。。この記事では当【あめにじブログ】の100記事到達時の各データを細かく公開してあります。PV数、収益、所要期間、経費について。そして100記事到達した自分から、ブログ開設時の自分へのアドバイスも書いてみました。同じく100記事を目標に頑張るブロガーさんに読んで欲しい記事です。...
ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください