30代

30代男性の転職にまつわる人間関係の不安3点とその対処法

30代転職アイキャッチ

この記事では実際に僕が30代で転職し、肌で感じた人間関係の不安を3点選んで書きました。

転職って不安だらけですよね?

慣れない仕事や人間関係、想像するだけでエネルギーを奪われていくような感覚があります・・・

ここでは僕が実際に転職をした時に感じた不安やストレスの中から、他にも同じ30代で転職をされた方に多く当てはまるであろう3点を挙げ、その対処法も書いていきます。

これから転職を迎える方や、将来転職を考えている方のお役に立てる記事になればいいなと思っています。

転職したばかりの人

これから転職する人

将来転職を考えている人

家族に秘密アイキャッチ
30代で突然の無職|会社を辞めたことを家族に言えない理由この記事では、突然の体調不良による自主退職で30代にして無職になった僕が、「無職になった」と実家の家族に伝えていない話を記事にしました。同じような悩みを持った人が世の中にはたくさんいるかと思い、悩みや対処法をシェア出来ればいいなと思って書きました。...

30代男性の転職の不安

自信が無い男

挙げればキリがありません。というか、不安しかないです・・・

人間関係においては0からのスタートとなる訳ですが、初めて社会に出た頃とは何もかもが違うのです。

分からないことがあればサッと誰かが助けてくれたあの頃。今は『出来て当たり前』と思われている中でのスタート。しょうもない失敗は許されません。

以下は特に僕が感じた不安やストレスポイント3点です。順番に見てみましょう。

指導してくれる先輩が年下

これが実は結構やりにくい。僕が転職したのが30代半ばだった訳ですが、平気で10歳近く歳下の先輩がいる訳です。

妙に丁寧に接せられても色々と教えてもらう手前やりにくさがありますし、偉そうに言われたら言われたでちょっとびっくりするし・・・

僕はもちろん敬語で話しますが、だいたい仕事を教えてくれる側の先輩も敬語で話してくれます。

年下の先輩もここまで歳が離れていると指示も出しにくいらしく、結局自分で手を動かし始めたりと効率的にも良く無いことが多かったです。

やっぱり先輩は年上の方がやりやすいかもしれません。

■対処法■

こちらから徹底して後輩として徹すると良いかと思います。

立場をこちらからもはっきりと示せば、相手も多少接しやすく感じてくれるはず。

どっちつかずは1番ダメ!!

輪がすでに出来上がっている

職場って可能なら仲の良い人間もいて、働いてて楽しい方がいいですよね?

『仕事しに行ってんだから、仲良しなんていらない!』とおっしゃる方も大勢いると思いますが、僕は出来たら気心の知れた仲のいい面子で働きたいと常々思っています。

今回の転職先でもやはりそう思ったので、可能な限り自分からコミュニケーションを取りにいったのですが、愛想よくは接してくれるものの『間に合ってます感』をひしひしと感じ結局自分は諦めてしまうのです。

『自分はすでにコミュニケーションは足りている』という感じ。

ここに入っていくにはかなりのコミュ力強者でないと難しいんではないでしょうか?

普通はこうなってしまうと『仕事しに来てんだし、コミュニケーションなんてどうでもいいや』となりがちでしょう。

『転校生ってこんな気分だったのかな?』と感じました。

対処法■

とにかく懲りずにこちらからコミュニケーションを仕掛けていくことです。その輪の中にもキーマンとなっている人間が居ると思いますので、その人を重点的にアタックし続ければ『今度飯行くけどお前も来るか?』なんてお誘いがあるかも知れません。誘いはすべて断らずに必ず参加することをおすすめします。(輪に溶け込みたければの話

ミーティングなどで意見しづらい

これはミーティングをしていて感じたのですが、ど新人の僕は基本的にミーティングの内容を黙って聞いていました。

そんな中、僕が前職でちょうど経験のあった議題でミーティングがつまづいているようだったので勇気を出して挙手して発言しました。

はじめは思いのほか反応が良かったので、そのまま自分の経験や失敗談を含め、いろいろと意見を伝えたのですがこれがどうやらまずかった。

僕は

どうせやるなら少しでも良いミーティングにしたい

何か自分にも出来ることは無いか?

と思っての発言だったのですが、何人かの先輩や上司にとって僕のこの行動は煙たいものだったようです。

普段ものを教えている人間に何か教えられるのは、良い気がしないのかも知れませんね。

こんなことも30代男性の転職特有なことではないでしょうか?

対処法■

これは少し難しい問題です。無難なのは初めの半年ほどは、なにも分からないフリをして黙ってよく話を聞いているような顔をしつつ、それでもしっかりと『メモ取ってますアピール』を忘れないこと。意識の高い職場であればガンガン発言した方がウケるかも知れません。ウチの会社はそうでは無かったですが・・・

最後に

この他にも不安やストレスを感じることはたくさんありました。思い通りに進むことの方が少なかったです。

それでも1つだけ言えるのは『人間そのうち慣れてくる』ということです。

初めは慣れないし、分かんないことだらけだし、気を許せる相手も居ないしと不安や緊張だらけなのも無理はないですが、何日か経つと少しずつ自分が慣れていくのが分かります。

味方も増えていきますし、できることも増えていきます。

本当に辛いのは最初の何日間かだけ。

それでも命まではとられないのですから、『楽しんでやるわ』くらいの気持ちで飛び込んだ方がいろいろとスムーズかもしれませんね。

この記事が少しでもあなたの転職のチカラになれば嬉しいです。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

起死回生アイキャッチ
30代無職が起死回生に選ぶネットビジネス|ブログとアフィリエイトこの記事では、30代で病気により会社勤めを諦めた僕が、それでも家族を養っていくための次の一手を記事にしました。実際すでに実践しておりますが、まだまだ思うような成果は出ておりません・・・。しかしそれでも将来を見据えて打ち立てた渾身の打開策。...
30代からのブログアイキャッチ
30代からの超初心者ブログデビュー|メリットとデメリットこの記事では実際に30代からの専業ブロガーを始めた僕が感じる、年齢ならではのメリットとデメリットを記事にしてあります。やはり経験値は武器になりますが、本業をお持ちの方には質の高い記事を量産するだけの時間の確保が一番のネックになるかと思います。...
ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください