ホスト

ホストの結婚について|ナンバー1とクラブのママの馴れ初めと現在

ホストとママアイキャッチ

僕は元ホストでもあり、元ホストクラブ経営者でもあります。

前回はホスト界のタブーである【ホストの恋愛事情】について書きましたが、今回はその先の話。

ホストの恋愛事情と落とす方法教えます!お店の中の人がこっそり暴露この記事では一般的にはタブーとされている【ホストの恋愛事情】について書いてみました。ホストの落とし方についても書きましたが、「僕が女性ならこうする」という手段を書いています。万が一ホストに恋してしまった人がいましたら読んでみて欲しいです。...

恋愛が上手くいった後、実際ホストと結婚した夫婦のその後を記事にしたいと思います。

ホストをやっていた自分が言うのもなんですが、ホストとの結婚はなかなかにヘヴィな選択かと思いますよ。

水商売なんて(特にホストは)いつまでもできる仕事じゃないですし、ホストには相当な遊び人も多いので浮気の心配もありますよね。

金遣いも荒いんだこれが・・・

「コイツ本当に人かよ?」と思う感覚の持ち主も少なからずいますし、僕の身内が「ホストと結婚する」と言い出したら涙ながらに説得して止めますね。

そんなホストですが、結婚して幸せになっているパターンもあります。

今日は、実際に『ナンバー1ホストとクラブのママが結婚した夫婦の現在』を書いていきたいと思います。

ナンバー1ホストとクラブママの結婚

和服姿の女性

ナンバー1とママの出会い

この夫婦が出会ったのはウチの店です。当時ホストが26歳でママがたしか7歳上の33歳。

普段はクラブのママさんはホストなんか相手にしないことが多いのですが、初めて来店したこの日ママさんは、自分の太客の気まぐれに付き合ってホストに飲みに来ていた感じでした。

彼女達クラブのお姉さんのプロ意識はホストの比ではなく、そのせいもあってかどこかホストを見下しているようなところがありました。

この2人の場合は歳も離れていたので余計かと思います。

初来店したその日は、自分のお客さん(お金持ちのおじさん)が楽しんでいるか?は確認しながらも、はじめの内数時間は僕達の方へは一瞥もくれませんでした。

男性客の接客

男性客の接客が得意なホストは1人前とされますが、これがなかなか難しい。

変に刺激をすれば怒り始めたり、かといって黙ってニコニコしてたって面白い訳がないしで・・・

リスペクトの姿勢は見せながらもバカやって、距離詰めて、懐に入っていく技術といいましょうか。

ちなみに僕は大の苦手でした。
理不尽に耐えられるチカラが決定的に足りなかったです。

相手も酔っているので理不尽が過ぎるんですよねー・・・

スポンサーリンク


その席を担当したのが後の旦那さん

スーツの男性

そんな席を任せたのは当時ナンバー1ホストだったH君です。
ホストには珍しい人種で【純粋な良い人】です。

しかもお酒も強いし、元々天然だから飲ましたら超面白くって同僚の中でも人気者でした。

「彼が接客してもダメな席はもう諦める」ってくらいの愛されキャラ。

そんな彼ですらはじめの内は苦戦していて、テーブルの上は遠くから見ているだけで胃が痛くなるような空気でした・・・

打っても打っても響かない中、メンタルお化けのT君が手を止めずひたすら打ち続けた結果、少しずつ男性客から反応がではじめ、それをみたママさん達も返事くらいはしてくれるようになってきたんです。

「さすがプロだ」と感動したのを覚えています。

クラブママのプライド

和服の女性の後ろ姿

その日はなんとか最終的に男性客も楽しんでくれてたのですが、さすがのT君も「疲れたー、もう嫌だ」と嘆いてましたね。

無視されるのが1番きついですから・・・気持ちは分かります。

最後にママ達に「ご指名はどうなさいますか?」といつも通り聞くと、当然のように「要らない、誰でもいい」と愛想笑い。

予想通りの答えでした。
こんなもんです。

実際テーブルが盛り上がったのは最後の数十分だけだったし、男性客がメインですので「まぁしょうがないか」と思いました。

しかし会計を済ましたあとの最後の最後に、男性客のすすめもあって「でも、頑張ってくれてた彼にする」といってT君を選び、それでも連絡先などは交換せずに帰っていきました。

「もう来ないだろうね」って話してはいたんですが・・・

その後も数回男性客と来店

この男性客がママ達の店のアフターに毎回ウチの店を使ってくれはじめたので、図らずも2人は頻繁に会うことになりました。2軒目の意)

その時、初来店時に形だけでもと指名をされたT君がテーブルを担当します。

このテーブルはT君無しでは回らないので苦労しましたが、さすがは飲み慣れたお客さんでその分大金を落としていきました。

その後も何回か男性客と同伴でお店に来てくれる内に2人は打ち解け、次第に仲を深めていきました。

もちろん男性客にはこっそりとです(笑)

スポンサーリンク


1人でも遊びに来はじめる

和服とスマホ

だんだん席でママの笑顔が増え、2人が会話している光景も見慣れてきたかなと思っていたある日、ママが男性客抜きで突然店に来たんです。

T君もビックリしていたのでサプライズか気まぐれだったんだと思います。
後になって聞いたのですが、実はこのママ初来店の時からT君の人柄に惹かれていたそう。

「こんなに無視され続けても、一途に仕事に向き合える男に悪い男はいない」と思っていたそうです。

僕達がたくさんの女性を見てきたように、彼女達もたくさんの男を見てきています。
しかも、クラブに通える男なんて成功者がほとんど。
イイ男を見る目には相当な自信があったのでしょう。

あの日一切おくびには出さずに実は心の中では「この人の女になる」と決めていたそうです。

【狙った獲物は逃がさない感】が流石すぎる・・・、やはりあちらもプロでした。

付き合い初め2年ほどで入籍

ドレスの女性

ママと腹を割って話してみるとそれはもう良い人で、はじめの内は「徹底的に猫を被っているのかな」と思っていたほど。

非の打ちどころが無いしっかり者で人格者、天然で頼りないT君にはぴったりの姉さんでした。

周りの僕達も年齢差を考えると正直結婚するとは思っておらず、T君本人もはじめは結婚は考えていなかったそうです。

しかし、そこはクラブで鍛えあげられた男を落とすスキル一閃。
結婚話が出てからは一瞬でした。(神クロージング

年齢を考えて結婚・出産となれば時間的に猶予が無いと考えたのかなとも思います。

夫婦の現在

夕日と夫婦

現在も夫婦生活は順調に続いており、数年前には第1子も授かり幸せに暮らしているようです。
元々温厚な2人ですので、大喧嘩になることもそうそうないのかと思います。

少し旦那は酒癖が悪いですが、酔っぱらいの扱いなんてクラブのママからしたら造作もないでしょう。
ママさんは一切飲みませんしね。
僕から見てもいい夫婦です。

最後に

はじめに店に一緒に来た男性客の方は少し気の毒ですが(笑)こうやってホストでも幸せな結婚生活はできるようです。

現在もT君はホストクラブの経営に携わっております。
お店もなんとか順調みたいです。

子供には自分の仕事をどう説明しているのでしょうか・・・、今度聞いておきますね(笑)。

以上、ホストの結婚について!でした。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ホスト全集アイキャッチ
元ホストクラブ経営者が10年の業界経験を基にホストの裏側を大暴露!ホストとして4年、ホストクラブ経営者として7年の計11年の経験を基に、内側からの視点をあらゆる角度から記事にしたものをまとめてみました。料金・扱っているお酒の種類・色恋・嘘・カリスマホストなどなど。ホストクラブの情報を網羅してあります。...
ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。今は趣味でブログをしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください