恋愛

モテ男子と非モテ男子の違い|【元恋愛プロ】がその差を徹底解説

非モテ2

この記事では長い時間をモテ・非モテに費やし、向き合い、ついにはそれで飯を食ってきた僕が非モテの理由を独自の切り口から突き詰めていこうというものです。

【元恋愛プロ】を自称する僕の経歴は簡単にですが別で記事にしてあります↓

非モテ1
モテと非モテについて語る【元ホストクラブ経営者】の恋愛遍歴この記事では僕のこれまでのモテ・非モテ体験を文字に起こしてみました。10代で200人斬りを超えたことや、ホスト時代の実績など。分かりやすく数字を出して説明してあります。...

誰もが本心ではモテたいと思っているという仮定の下、話を進めていきます。

「俺は女なんかいらねぇ!」とか言っちゃう無垢なDT達はここではこの世には居ないものとします。

 

今回は、いきなりド本命の非モテ要素【自信がない】について。

もうこれだけだと言ってしまってもいいほどなんですが、とにかくこの自信が無い事で機会を逸してる男子の多いこと、多いこと。

「じゃあ自信もてばいいじゃん」「そだね」とはいかないのが難しいところ。

 

【自分に自信が無い】

これはモテない男子には漏れなく付いてくる要素ではないでしょうか。

では自信がある男自信が無い男の差はなんでしょうか?書き出してみましょう。

非モテの原因|とにかく自分に自信がない

自信が無い男

今回は大きく3つ挙げてみました。

・経験値、場数が足りない

・自分のルックスにコンプレックスがある

・実際に女性に拒否されてきた過去がある

だいたいの方の自信が持てない理由はこれに当てはまると思います。

僕の周りに居たモテない男子達も、多分に漏れずこれに当てハマりました。

では順番に見ていきましょう。

経験値、場数が足りていない

やり方が分からないということです。

・女性の気の引き方

・声のかけ方

・会話の盛り上げ方 などなど

バットの降り方や、変化球への対応が解らないからバッターボックスに立たないというのです。

「どうせ俺なんかがいっても・・・」と、思うみたいですね。

その瞬間顔に書いてますよ、「俺には自信が無い」と。そしてそれを女性は見逃しません。

これはモテたいのであれば大事なことです。

自分の感情を優先しているようでは効率は上がりません。いちいち断られたりして落ち込んでいる暇があれば次の人に突撃しましょう!

とにかく数です!どれだけ打席をこなすか?

自分のルックスにコンプレックスがある

これは根深いですね。僕にも昔からたくさんコンプレックスはあります。コンプレックスに頭を支配されるとなんにも出来なくなります。

気持ちは凄く分かるんですがコンプレックスはあってもモテます。大丈夫です。

あなたが思う程他人はあなたの事を細かくは見ていません。

例えばあなたがコンプレックスを気にする半分も他人は気にしていないのです。これに気づくのに僕はかなり時間がかかりました。

今でも体調によってはもっていかれますね。

自分で気づくまでは本当に辛かったですが、要は考え方1つ。訓練です、思考の癖を利用します。

試しに思い込んでみるんです。そしてそれを意識して繰り返すんです。

そうするといつか他人が僕をそこまで見ていないことに自分で気づきました。

僕も人に言われてもしっくりきませんでしたが、自分で気づいたときは本当に心が解放されたようで軽くなったと感じたものです。

誰もあなたの事をそこまでは見てませんよ、保証します。

時間はかかりますがゆっくりコンプレックスの呪縛から解放されましょう。

実際に女性に否定されてきた過去がある

嫌い

これもやっかいです。

「次もまたきっと否定される」という暗示は相当なチカラであなたに襲い掛かるでしょう。

無意識の内に映像で脳内に甦るんですよね。前回否定された時の感覚がぶわっと意識に広がり、の思考と足を止めます。

そうなるともうただの傍観者、こうやってまた1つの機会を失います。

そしてそれの繰り返しのせいで「チャレンジしよう」という気すら起こらなくなってきて、気が付けば【非モテスパイラル】から抜け出せない・・・なんてのがよくあるパターンなのです。

凝り固まってしまった考えや習慣を正すにはまた違ったアプローチが必要になりますし、時間もかかることが多いです。

「今がその時!」と思ったその日からチャレンジできるフットワークの軽さは大事になってきます。

これは行動力とも呼び、優秀な男性には必須の能力です。

以上が自信のない男性の特徴3つです。

逆に自信がある男性とはどんなものでしょうか?比べてみたいと思います。

モテ男子の場合

笑顔の男性

断言しますが、自信があるだけでモテます。

自信満々に振舞うさまはたくさんの女性を魅了し、同性からは憧れにすら感じるでしょう。

経験ありませんか?あなたの周りのモテ男達はみんな自信満々なはずです。

モテ男子は踏んできた場数が自信の源

モテ男はとにかく打席数が違います。ほとんどの変化球はすでに経験済みの状態です。

少々のトラブルにも即対応できますしね。それがまた彼を自信あり気に見せてしまう訳ですが。

例えばナンパの場合ですが、勇気を出して声をかけてみたら思いの外対応が冷たかった時、非モテ君ならきっとフェードアウトして終わりでしょう。

モテ男君はその冷たい対応までも秒でネタにして切り返し、すっと懐に入っていくんです。

すでに想定されているんです。冷たい対応なんて予定通りという事。これは圧倒的な打席数があってこそのなせる技でしょう。

このさらりと問題をクリアする姿こそ自信のある男そのもので、女性はこれに弱いというカラクリになってます。

続いて、

モテ男子はイケメンの専売特許ではない

派手な蝶ネクタイ

コンプレックスはモテ男にもあります。例えば背が低い、鼻が低い、毛深い、口下手などなど。

僕の見てきたこれらのコンプレックスを持つモテ男達は、それすらバネにしてました。背が低いなら筋トレ頑張って筋肉をつけるとか。

顔がイケてないならその分得意なファッションセンスを磨くとか。毛深いなら逆にそっち路線が好きな女性達の趣味を調べ上げ参考にするとか。

口下手ならとにかく愛想良くしていつもニコニコしてるとかね。自信の持ち方はいくらでもあります。

こうやってモテ男はなにかモテるために手を打っていました。そしてそれを自分の武器にまで昇華させてます。つまりモテるために【本気】なんです。

非モテは単純に努力と熱意が足りないのです。モテと非モテの差なんてほんとたったその差だけなんです。

大事なことなのでもう一度言いますね。

自信を持つ方法はいくらでもあります。

モテるためには打率1割でOK

極端な話10人に声をかけてたった1人でもOKならそれでいいんです。打率10割なんてハナからあり得ません。

野球の神様イチローですら4割に満たないのですから。モテ男は9人ダメでも10人目にすぐ声をかけにいける人間のことです。

ダメだった9人に金・時間・熱意は極力割いてはいけません。消耗してしまいます。金も時間も有限です。

「ダメだ」と感じたら3秒で次に行きましょう!効率を重視するならそれがいいと思います。

ざっくりになるとは思いますが、出会ってすぐに自分は相手にとってアリなのかナシなのかを判断できればいいですね。

相手の表情・目線や声のトーンでなんとなく分かるようになってくるはず。

相手もサインを送ってきてます、それを読み取るだけ。判断基準は自分式でOKです。

直感はすごく大事。モテ男はとにかく打席に立って色々経験します。

1打席の価値は当然低くなり、ダメージは打席数と反比例して減っていくので9人ダメだった次の瞬間に10人目に足は向いていけるのです。

これは姿勢の問題です。

まとめ

筋肉落書き

今回は非モテの大きな原因の1つ、自信の無さについて書いてきました。

以下はそのまとめ⇊

①経験値、場数が足りない

②自分のルックスにコンプレックスがある

③実際に女性に拒否されてきた過去がある

①なにかと理由をつけて打席に立たない。そのせいで成長しないしバットを振らないので当然ヒットも出ない。

②非モテの理由をすべてコンプレックスのせいにして、解決策を見出そうとしていない。

③たった数回の失敗のイメージに囚われチャレンジすることを放棄している。

これが非モテの原因です。始まる前に負けていますね。すべて気持ちの問題という事が見えてきました。

ではモテの理由は、

●経験値に重きを置く。その経験から引き出しも増え、少々のイレギュラーにも即対応できる。それがまた自信あり気に見えたりもする。

●弱点すら武器にしてしまうまでのモテへの熱意。コンプレックスを気にしない様は男らしさすら演出する。

●とにかく打席に立ちバットを振るんだという姿勢。試行回数を増やすことが鍵。限られた時間の中でより打率を上げるための嗅覚のレベルアップは必須。

となりました。

やはりこれを見ても分かる通り両者の差は気持ち1つと言えると思います。

チャレンジする心が機会を生み、

機会を重ねて自信が付き、

自信のある男に女は惹かれる。

これが仕組みですね。ジャンジャン打席に立ちましょう。

 

少しでもお役に立ちそうな情報はありましたでしょうか?

またこれからもモテ・非モテについては記事にしたいと思ってますのでその時はご一読お願いします。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

モテまとめアイキャッチ
カテゴリー【恋愛】まとめ記事この記事はカテゴリー【モテ・非モテ/恋愛】のまとめ記事です。...
ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください