商品レビュー

UQmobileに乗り換えてみたメリットとデメリット|格安SIM

この記事では実際に自分が格安SIMに乗り換えてみたことについて書きたいと思います。

格安SIMへの乗り換えをご検討中の方に参考にしていただければ幸いです。

 

先日12年間使っていたDoCoMoを解約してUQmobileに乗り換えました。

実際に乗り換えてみて感じているメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

正直メリットもデメリットも両方ありました。

格安SIM乗換えのメリットは圧倒的な低料金

12年もDoCoMoを使っていたのは惰性でもありました。

ひと昔前なら「番号変わるの嫌だしなー」ってのはあったと思いますが、今はそれも過去の話。

知らない人はもう居ないと思いますが、携帯電話番号をそのままで今は電話会社を替えることが出来るようになっています。

「12年も使っているから替えるの億劫だな」ってのもありましたが、僕にとってはそれを超えて余りある格安SIMに替えるメリットがありました。

月々の料金が5分の1(僕の場合)

これに尽きると言ってしまえばそれまでなのですが・・

それではあまりにも味気ないので続けます。

※両社料金

DoCoMoの料金 9,000円/1か月(データ容量5㎇)

UQmobileの料金 1,680円/1か月(データ容量3㎇)       

これは僕が使うプランの料金です。もうホントこれだけで替える価値ありますよね。

■DoCoMoの場合■

9,000円×12か月=106,000円

106,000円×12年=1,272,000円

年間10万6千円もかかってて、単純に12年使ったとしたら約127万円です。

 

■UQmobileの場合■

1,680円×12か月=20,160円

20,160円×12年=241,920円

年間約2万円、12年使っていたとしても24万円。圧倒的安さ!その差なんと103万円。

差額で軽自動車新車で買えます。

12年間料金が変わらないということはあり得ませんが1つ参考になる分かりやすい数字。

僕はこの料金の安さが魅力で格安SIMに決めました。

格安SIMが安い理由

「格安SIM、なぜこんなに低料金なのか」ってとこが気になりますね。

受け売りですが簡単に説明するとこんな感じ↓

DoCoMoは回線を自社で持っていてその維持、管理に莫大な費用がかかっている

それに引き換え格安SIM(UQmobile)ではキャリアの回線を間借りして通信している

 

なのでDoCoMoのように回線の維持や管理といったランニングコストがかからず月額1,680円といったクレイジーな料金を実現できているといった説明を受けました。

・通話はほとんどしない

・普段はWi-Fiがある

この2つに当てはまるなら迷わず格安SIMへの乗り換えをおススメします。

月料金5分の1はやっぱ魅力。月容量3㎇も工夫すれば使い切らないと思います。

節約モードというものがありSNSくらいならそれで事足ります。通信は遅いですがデータ容量も一切食いません。

通話料は含まない

ただこの格安SIMの料金1,680円/1か月、実は通話料は含まれてないんです。電話をかけるなら一律20円/30秒かかるプラン。

携帯電話が出たての頃こんな値段設定だったような記憶です。

DoCoMoの方は電話かけ放題と1か月5㎇までのデータ容量で9,000円/月。

20円/30秒の計算で、今のプランでも月に3時間ほど通話すれば格安SIMの方が高くなってしまいます。

なので「少し電話も使うよー」って人はここまでは安くならないのでご注意を。

おしゃべりプランにするなら格安SIMに替えるメリットはそう感じられません。

UQmobileに乗り換えて感じるデメリット

安い物にはそれなりの理由があります。5分の1の料金でDoCoMoと同程度のサービスを受けようとは僕もさすがに思っていません。

では、実際に使ってみて乗り換えたことで感じたデメリットはどんなものだったでしょうか。

通話料が高い

上にも書いた通り1,680円/月には通話料は含まれません。電話をどうしてもかける場合は20円/30秒かかります。

通話してる間ずっと30秒毎にポケットから20円ずつ落ちていく感じですから、話しの内容は一切頭に入って来ません。

友達や家族同士ならLINEで通話したり相手からかけてもらえばいいんですが、役所やお店などに用事があってかける場合ドキドキしますね。

特に役所なんかたらい回しにされるし、その間通話保留で1~2分待たされたりしたらもう・・・

データ使用容量が少ない

料金を最小限まで抑えることが目的だったので、月3㎇までしか使えないプランを選んでいます。

外でYouTube観たりは出来ないですね。一瞬で3㎇超えます。

これも上にも書きましたが節約モードってのがあって、それに切り替えればTwitterやゲームアプリで使ってもデータ食わないので問題はありません。

今のところ3㎇は余る予定です。

3G電波が使えない

格安SIMは4G LTE回線を借りて使っています。3G回線はキャリア(DoCoMo、au、ソフトバンク)と違い使えません。

ですので4G回線のエリア外では圏外となり通信できないそうです。ですがこれも心配いらないです。

4G回線のエリア外というのも1部の山奥くらいですし、そんな場所に行くことは年に1回もないでしょう。

今後3G回線が使えなくて困るケースも増えていくことはないそうです。

UQmobileがauかんたん決済を導入

DoCoMoユーザーだった僕にとって面倒な登録は不要でアプリ内課金のできるキャリア決済は不可欠なものでした。

しかし【格安SIMはキャリア決済できない】と以前はそこらかしこで目にしていたので半分諦めていたんです。

ですがなんとこの度2018年5月22日からUQmobileが「auかんたん決済」を導入したようです。

上のデメリットのところに【キャリア決済出来ない】と書いたあと、どのように出来ないのか試してみようと思いLINEスタンプを買ってみたら買えてしまったんです。

「はて・・・」と思い確認してみたところauかんたん決済が最近導入されたとのこと。

店員さんなにも言ってなかったけどな。。。まあ嬉しい誤算でした。

まとめ

ここまで格安SIMに実際乗り換えてみてのメリット・デメリットについて書いてみました。

そのまとめがこちら⇊

■メリット■

まとめ▼

とにかく料金が安くDoCoMoの時の5分の1

最近キャリア決済が使えるようになった

値段の割に通信に問題はない

 

■デメリット■

まとめ▼

・通話料が鬼畜

・3G回線が使えない(デメリットでもない)

・混雑時に若干通信が遅くなる・・・かも(平日正午ごろ、体感では感じない)

以上が僕の格安SIMに乗り換えてみた感想です。

家や会社にWi-Fiがあって、通話もほぼしない方には絶対おススメ。通話も結構するんだよなーって人にはメリットは少ないかと思います。

あと乗り換えが決まっても前の携帯会社の締め日ギリまでは替えない方がいいです。

ウヒョーーーってなにも考えずに契約しちゃうと、僕みたいにひと月目の料金ダブりますからね。

 

以上、格安SIMに乗り換えてみた感想でした。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

オムロンアイキャッチ
オムロン・ネックマッサージャーの個人レビュー【肩・首などのコリ】HM-141この記事では【オムロン・ネックマッサージャーHM-141】の個人レビューを書いてあります。「肩・首・腰・もも・ふくらはぎ」のコリで悩んでいませんか?僕も肩や首のコリ、腰痛とは長い付き合いです。そして、これまでこの手のマッサージ機は敬遠してきたタイプです。使ってみると意外や意外、今では効果に満足しています。...
ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください