赤ちゃん

不妊治療からついに妊娠!授かる確率・夫の浮気・出血などの不安は?

お腹を抱える妊婦

前回書いた不妊治療から転院のタイミングや授かるためのコツなどをインタビューの記事に続き、今回は妊娠してからの話を中心にまた奥さんにインタビューしています。

  • 妊娠が分かった瞬間の心境
  • 妊娠の兆候
  • 妊娠中のトラブル
  • 夫の浮気の心配

などなど、同じような『不妊治療を頑張っている方が興味があるかな?』と思った内容を選んで聞いてます。

単なる1つの夫婦の例でしかありませんが、不妊治療ってどこかアンタッチャブルな要素があって、あんまり他人に聞けないことが多いですもんね。

なので、記事にして読んでもらえればいいかなと思い書いています。

自分達の時もいろいろネット検索して情報を集めていたので、この記事もそんな風に読んでもらえたら嬉しいです。

駄犬
駄犬
普段他人に聞きにくいことを意識して選んでますので、今不妊治療を頑張っている方や、これから頑張る予定の方に読んで欲しい記事です。

不妊治療を経てついに妊娠!その後体に起こった変化など詳しく聞いた

妊娠検査薬 陽性

長かった不妊治療が実を成し、ついに赤ちゃんを授かった僕達夫婦。
初めてフライング検査で陽性検査が出た時は、背筋がシビれるような感動があったのを覚えています。

すでに半分以上は諦めかけていたタイミングだったので感動もひとしおでした。

ここからは妻が治療を経て、妊娠できた後のことを中心にインタビューしていきたいと思います。

フライング検査で陽性反応を確認した時の心境

インタビュアー
インタビュアー
今日もよろしくお願いします。

フライング検査で陽性反応を確認した時、どんな心境でしたか?

奥さん
奥さん
実は毎回、検査の度に「今度こそはいけるんじゃないか」という、根拠の無い自信がどこからか湧いてきてたんです。

そのせいでダメだった時はどん底まで叩き落されるような感覚になる訳ですが…。
何故か毎回期待してしまうのって、きっと不妊治療あるあるだと思ってます。

奥さん
奥さん
初めて陽性反応が確認できたのは、移植をして5週目に入った時のこと。
前々からその日に自宅で検査をしようと決めていて、市販の検査薬を試してみたら薄っすらと青い線が確認できたんです。

 

奥さん
奥さん
あの時の感情は言葉では上手く説明できませんが、100%手放しでは喜んでいなかったのを覚えています。

というのも、信じられなかったんです。
何かの間違いで陽性反応が出ているという可能性を否定しきれなかった。

奥さん
奥さん
とにかくすぐにでも安心したかったという記憶があります。
病院での確認は後日だったのですが、そこで先生の「妊娠してます」の言葉を聞くまでは、100%は安心しないようにしていたんだと思います。

ダメだった場合のダメージを最小限に抑えることを、無意識に選択していたんです、きっと。

奥さん
奥さん
なので、本当に夫と手を取り合って喜んだのは、後日クリニックの待合室だったんですよ。

私は普段神様なんているとは思ってませんが、その時は何故か神様に感謝を伝えたい気持ちになりました。

夫には止められましたが、フライング検査で陽性反応が出てすぐ、自分の家族には報告してしまったんです。
母も妹も泣いて喜んでくれました。

妊娠した兆候はあったか?

インタビュアー
インタビュアー
それは本当におめでたい!

では、フライング検査をするまでに、妊娠の兆候などなにか感じましたか?

奥さん
奥さん
実は、妊娠できた6度目の移植の時だけ何も感じなかったんです。

それまでは「なんとなく」という曖昧なものから着床時の出血のようなものまで、期待も相まってか、いろいろ兆候を感じることがあったんです。

結果は妊娠していなかった訳なんですが、最後の6度目の移植後はそういったものを何も感じませんでした。

結果は妊娠していた訳なんですが…。

奥さん
奥さん
なので、「着床した感覚が何も無い」や「着床出血しない」など、あまり心配し過ぎなくてもいいと思います。

私の場合あまり関係はありませんでしたから。

スポンサーリンク



病院での妊娠判定はどうでしたか?

インタビュアー
インタビュアー
自宅でのフライング検査で初めての陽性反応を確認した後、病院で正式な妊娠判定を受ける訳ですが、その時の心境など教えてください。

奥さん
奥さん
インターネット検索などでもいろいろ調べて、穴が開くほど経験者さんのブログも読みました。

「自宅で陽性反応を確認したのに、病院の判定では陰性だった」なんてSNSの書き込みも目にしました。

陽性反応が出た喜びと、それが『ぬか喜びにならないか』という不安が混じった変な感情のまま病院で検査を受けました。
たしか家での検査の翌日だったと記憶しています。

奥さん
奥さん
先生の口から「妊娠してますね、おめでとうございます。」と言われた時は一気に安心して、全身の力が抜けてしまいました。

それと同時に『もう1人の体じゃないんだ』という思いが急に湧いてきて、帰り道は普段よりコケたり人とぶつからないよう細心の注意を払いながら帰りました。(笑)

『単純だな』と自分でも思います。

スポンサーリンク



不妊治療で妊娠する確率は?

インタビュアー
インタビュアー
本当に妊娠出来て良かったですね!

ちなみに、不妊治療から妊娠する確率はどれぐらいだと感じましたか?

奥さん
奥さん
自分だけの話で言うと、

  • 妊娠当時37歳
  • 体外受精
  • 治療歴3年
  • 6度目の移植で着床

この条件から私の場合は約16%という結果になりました。

駄犬
駄犬
ちなみに日本産科婦人科学会が平成22年に集計したデータによると以下の表のような結果が出ています。

  治療延べ人数 出生児数 胚移植から出生に至る確率(%)
新鮮杯を用いた治療 67,714 4,657 15.9
凍結胚を用いた治療 83,770 19,011 22.4
顕微授精を用いた治療 90,677 5,277 13.5
合計 242,161 28,945

出典:不妊治療をめぐる現状/厚労省

まだ妊娠できない方に向けて何か言葉はある?

インタビュアー
インタビュアー
今もまだ妊娠ができなくて頑張っている方もたくさんいます。
そんな方達に向けて、何か言葉はありますでしょうか?

奥さん
奥さん
私がそうだったのですが『そっとしておいて欲しい』という人は少なくないと思うので、特に助言が必要だとかは思っていません。

ですが、しいて言うならゆっくりでもいいので1度始めたからには頑張って続けて、なんとか授かって欲しいなと思います。
我が子を授かるこの喜びを、治療を頑張るすべての人に体験してもらいたいです。

これから治療を検討している方には、1日も早く治療を開始して欲しいと思います。

奥さん
奥さん
不妊治療は時間と経済面との戦いだと思っています。
準備こそが結果を大きく左右します。

早めに始めて、余裕を持って資金を貯めておく。
まずはこれが大事なんじゃないかと思います。

治療中の【妊娠しない期間】、辛かったことは?

インタビュアー
インタビュアー
たしかに!
僕も同じ思いです。

治療中の妊娠しない期間があったと思います。
その時期辛かったことはありますか?

奥さん
奥さん
協力して支え続けてくれている家族(夫や両家の両親)に対して、継続的に申し訳ない気持ちで胸がいっぱいでした。

体外受精は1回平均45万円くらいかかりましたので、経済的支援を受けていたこともあって、上手くいかない度に自己嫌悪に陥るのです。

奥さん
奥さん
治療の失敗は、自分だけが原因な訳じゃないかも知れない』とは頭では分かりつつ、毎度毎度失敗が続くと冷静ではいられませんでした。

それほど不妊治療の経済的な圧迫はきつかったです。
お金に余裕が無くなると、心の余裕も無くなるんですよね。

スポンサーリンク



妊娠できないことで離婚は考えた?

インタビュアー
インタビュアー
経済的理由で治療を止めちゃう人が多いのも納得です。

そして治療が上手くいかず3年間経ちましたが、その間夫婦仲に悪影響などありましたか?
離婚などは考えませんでしたでしょうか?

奥さん
奥さん
うちは離婚は考えませんでした。
治療期間3年の後半には『2人でも楽しく生きていけるように』と、2人でプランを話し合ったりもしましたし、『それはそれで楽しいかも知れない』とも思うまでに至っていました。

奥さん
奥さん
夫も『子供は欲しいが出来ないならそれでもいい』と言ってくれましたし、なので離婚を考える必要は無かったんです。

それはとても幸運なことだったと感じています。

妊娠してから安定期にはいつ頃入った?

インタビュアー
インタビュアー
妊娠の仕組みが100%は理解できない以上、ある程度の不安は誰にでもあって然るべきなのかも知れませんね。

そして紆余曲折を経て結果的に無事妊娠できた訳ですが、その後安定期にはいつ頃入りましたか?

奥さん
奥さん
不妊治療での妊娠の場合でも、通常と変わらず5か月を超えたところで安定期に入りました。

ただ、妊娠当時37歳だったので、『流産する確率は20%前後というデータがある』と先生に言われていたんです。
20%という数字はとても怖かったですが、出来ることは安静にすることだけでしたので、それに努めました。

奥さん
奥さん
安定期に入るまでも仕事には行っていましたが、可能であれば仕事は休むことをおすすめします。
1番は母体へストレスをかけないことが大事ですからね。

休めないなら退職も視野に入れて動くべきだと、個人的には思いました。

妊娠中夫の浮気は心配だった?

インタビュアー
インタビュアー
優先すべきはお腹の赤ちゃんですもんね!

妊娠中、夫の浮気は心配でしたか?

奥さん
奥さん
まったく!(笑)
でも、あの状況で浮気なんかされたら発狂しそう…。

お腹の赤ちゃんに障りそうなので、世の男性陣にはそれだけはやめて欲しいと思います。

一生言われ続けるか、その場で関係は終わりになるんじゃないかと…。

スポンサーリンク



妊娠中の喫煙や飲酒はどうしたか?

インタビュアー
インタビュアー
妊娠中の喫煙や飲酒はどうしていましたか?

奥さん
奥さん
うちは夫婦そろってタバコも酒もやらないので。(夫は禁煙成功)
ただ、タバコもお酒も絶対我慢するべきだと思います。

タバコやお酒を我慢できず、産まれてきた子に何かあった時、一生それを後悔して生きることになりますから。
タバコ&お酒は妊娠中絶対にNGです!

旦那さんもタバコはダメです!
受動喫煙で赤ちゃんに悪影響がありますからね!

出典:受動喫煙-他人の喫煙の影響/厚労省

妊娠後、紹介状などもらえるの?

インタビュアー
インタビュアー
妊娠した後はクリニックから産科への紹介などあるんでしょうか?

奥さん
奥さん
特に紹介状なども無く、「お近くの産科へ」と言われましたので、近所で評判の産科を探してそこに通いました。

うちの母も妹もそこでお世話になっていたので、心配はまったくありませんでした。
インターネットで口コミなどを確認して、良い病院を探すことをおすすめします。

そこで赤ちゃんを産むことになりますからね!

妊娠中、出血などあった?

インタビュアー
インタビュアー
妊娠中に出血などのトラブルはありましたか?

奥さん
奥さん
初めの3か月に少し出血があることもありましたが、血の量も僅かでしたし、心配ならすぐにかかりつけの産科に連絡していました。

血が出るとビックリして焦ってしまいますが、大事な時期ですし『大げさかな?』と思わず、すぐに病院で診てもらうことをおすすめします。

何もなかったとしても、病院も嫌な顔せずにちゃんと対応してくれますので。

妊娠中、流産の心配はあった?

インタビュアー
インタビュアー
妊娠した後、流産などの心配は無かったでしょうか?

奥さん
奥さん
妊娠のプロセスが特殊(体外受精)だったため、常にその不安は自分の中にありました。

それは先生に「大丈夫ですよ」と言われても、どこか払拭しきれない感情でした。
周りに不妊治療から出産したお母さんが居なかったのもあるかも知れません。

経験者の話を聞いたり、実際に顕微授精で産まれた赤ちゃんを見たことも無かったので。

スポンサーリンク



友人への妊娠報告はいつ済ませた?

インタビュアー
インタビュアー
友人への妊娠報告はどのタイミングで行いましたか?

奥さん
奥さん
本来、自然妊娠であれば妊娠後すぐにでも知らせるのかもしれません。
ただ、私の場合不妊治療での妊娠だったことと、37歳高齢だったということもあり、安定期に入るまでは家族のみへの報告に留めました。

奥さん
奥さん
友人には不妊治療を続けていることはすでに伝えていたし、『もし妊娠しても、万が一のために安定期に入ってから報告するね!』と伝えてもいました。

万が一赤ちゃんになにかあった場合、友人にまで余計な気を使わせたくないですからね。

不妊治療を一旦卒業してみた今の感想は?

インタビュアー
インタビュアー
そんな配慮までしなきゃいけないなんて、不妊治療の大変さがさらに垣間見えた気がします。

そして今、赤ちゃんを無事授かり、不妊治療を卒業した感想を教えてください。

奥さん
奥さん
丸3年・計300万円以上を費やし、心身ともにボロボロになりながらチャレンジを続けた不妊治療でしたが、娘を授かれたことですべては報われた気がしています。

本当に諦めずに続けてきてよかった。

奥さん
奥さん
ここまで苦労して授かった子だからか、特に可愛い気がしてます。(笑)

あとは多くを望まないので、健康に逞しく育って欲しい。
ただそれだけが私達夫婦の願いです。

産まれたての赤ちゃん娘が見て欲しくて(笑)

インタビュアー
インタビュアー
妊娠・出産の次は大変な育児が待っていますね!
これからが本当に大変だと思いますが、夫婦2人力を合わせて頑張ってくださいね!

インタビューは以上です、長い時間とって頂いてありがとうございました。

まとめ

ここまで不妊治療経験者の奥さんに、妊娠してからのアレコレについて細かく聞いたことを書いてきました。
以下はそのまとめ⇊

妊娠後に起こった身の回りのアレコレについて まとめ

  1. 初めて陽性反応を確認した時はシビれた!
  2. 妊娠した兆候は特に無かった
  3. 先生の口から正式に「妊娠してる」と聞くまでは不安だった
  4. 移植から着床する確率は自分は約16%だった
  5. タバコ&お酒は絶対NG!
  6. 『産科を選ぶ際は慎重に』そこで出産になりますから!
  7. 授かれたことですべての苦労は報われた気がする

ということでした。

半分諦めてはいたんですが、自宅でのフライング検査で陽性反応を見た時は自分も言葉が出なかったです。
不安は拭い切れないものの、その日は1日嬉しくてふわふわしてたのを覚えています。

結果的にうちの不妊治療成功率は16%という結果になりましたが、一般的に顕微授精からの着床率は13%前後だというデータもあります。

少しでも妊娠する確率を上げるために、男性陣も必ず禁煙するなど、積極的に協力するようにして欲しいです!
授かった時はすべての苦労は報われますし、後悔の無いよう、これからも治療を頑張ってくださいね!

駄犬
駄犬
うちも2人目頑張る予定です!

最後に

卵の夫婦

この記事を書こうと思った理由は、自分達も治療を頑張っている時に、他の治療を頑張っている人達の話が聞きたくても聞けない状況があったからなんです。

治療は常に孤独でした。
なので、同じように治療を頑張っているご夫婦の孤独感を、少しでもこの記事で緩和出来たなら嬉しい限りです。

不妊治療にとって時間は有限です。
ですが、地道に一歩一歩、自分達のペースでこれからも治療を頑張って欲しいと思っています。

1組でも多くのご夫婦が、かわいい自分の赤ちゃんに出会えますように。
少しでも心穏やかに、毎日が過ごせますように。

そう願っています^^

以上、
【不妊治療からついに授かる!その確率や妊娠した後に起こる変化とは?】でした!

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。今は趣味でブログをしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください