赤ちゃん・子育て

不妊治療経験者に転院のタイミングや授かるためのコツなどインタビュー

クリニックのエントランス

前回、不妊治療の費用や助成金などの話題を中心に、不妊治療経験者の奥さんにいろいろ聞いたことをインタビュー形式で記事にしました。

関連記事>>>【不妊治療とは】費用・助成金・男性の検査について経験者にインタビュー

そして予告通り今回もまた、不妊治療クリニックの転院やその他授かるためのコツなどについていろいろ聞いてきたので、こちらもインタビュー形式で記事にしていきたいと思います。

駄犬
駄犬
この方が読者さんも読みやすいと思って!
実際にインタビューしてます。(笑)

今回、実体験として3年間で6度の不妊治療を経てついに赤ちゃんを授かることができた奥さんに、妊娠するために意識してとった施策などを聞いてみました。

妊娠するためにとった施策
その中でも特に効果を感じたもの
その詳細について

と、いろいろと深堀りして聞けました。
本来センシティブな内容なので、他人には聞きにくいことも、自分も当事者ということで全然聞けちゃいました。

結果的に赤ちゃんを授かれたからかも知れません。
もし授かれなかったのなら、あまり治療について今、話題にもしなかったかも。

この記事の中から、これからも治療を頑張る人達にとっての何かヒントにでもなる情報が見つかれば嬉しいです。

『決め手は転院?』妊娠するためのコツってある?

クリニックのエントランス

まず、治療に成功して赤ちゃんを授かることができた奥さんに聞きたいのは、

  1. 妊娠するためにやったこと
  2. その中でも特に効果を感じたもの

の2点です。

運の要素も大きい不妊治療ですが、1つの成功例として『奥さんの経験の中にもなにかヒントがあるかも知れない』と思い記事にしています。

このインタビューでそんな誰かにとっての隠れた助言が引き出せたなら嬉しいです。
それではインタビューを始めていきたいと思います。

妊娠するためにとった施策はある?

インタビュアー
インタビュアー
今日もよろしくお願いします。

不妊治療中、妊娠するために意識してとった施策があれば具体的に教えてください。

奥さん
奥さん
「不妊に効果がある」と聞けばなんでも試しましたが、特には

  • クリニック巡り
  • ザクロエキス
  • 葉酸サプリ
  • 食事の改善
  • 体操
  • ウォーキング

などです。

奥さん
奥さん
不妊治療に基本的に即効性があるものは少ないので、気長に続けられるものを選ぶようにしていましたね。

中でも特に効果を実感したものは?

インタビュアー
インタビュアー
その中でも、個人的に効果を特に感じたものはありますか?

奥さん
奥さん
いくつかありますが、1番やってよかったと思ったのはクリニックの転院でした。

次にウォーキングや葉酸サプリ&ザクロエキスなども効果はあったと感じています。
基礎体温を高めたり、ホルモンバランスや子宮環境の改善に役立ったんじゃないかと思います。

転院したタイミングやその理由について

インタビュアー
インタビュアー
クリニックの転院とはどういった内容でしょうか?
転院したタイミングやその理由について、出来るだけ具体的に教えてください。

奥さん
奥さん
転院したタイミングは、

  • 前回凍結保存していた卵が無くなった時
  • 今通うクリニックのやり方に疑問を感じた時

などです。

うちは2回の転院で、計3か所のクリニックで治療を受けています。
クリニックにも合う合わないがありますので、いろいろ試してみるといいと思います。

奥さん
奥さん
2つ目のクリニックから転院した理由は、対応に熱意を感じなかったというか…。
相手にとって『これも日々の流れ作業の一環なのかな』と、感じた瞬間があったからなんです。

60歳を超えたお爺ちゃん先生だったのも関係あるかも知れません。
とにかく自分達夫婦との治療に対する温度差を感じました。

スポンサーリンク



転院してよかったか?

インタビュアー
インタビュアー
転院してよかったと思いますか?

奥さん
奥さん
1つ目から2つ目のクリニックへ転院した時は、特に「転院してよかった!」という感覚はありませんでした。

ですが、3つ目のクリニックへの転院は大成功でした。
ここまで親身に治療に関わってくれるクリニックがあったのか』と、夫と2人ではじめの頃よく話していました。

奥さん
奥さん
1~2つ目に通ったクリニックと3つ目のクリニックの大きな違いとして、

  • 事前検査の種類の豊富さ
  • スタッフの数
  • 患者の数
  • 不妊治療説明会の有無(2時間)
  • 体外受精説明会の有無(2時間)
  • 医療行為以外でのアドバイス

などなど、誰の目に見ても明らかな違いがたくさんありました。

転院のデメリットは?

インタビュアー
インタビュアー
良いクリニックに出会えたんですね。
では、転院のデメリットはありませんでしたか?

奥さん
奥さん
赤ちゃんを授かれた時点でどんなデメリットも些末なことに感じますが、しいて挙げるなら

  • 治療データが細かく引き継がれない
  • 基本的に検査は1からやり直し

といったものはあります。

あとは検査や投薬の種類が増えた分、費用は割高になりました。
ざっと2割くらい増えたと思います。

奥さん
奥さん
費用に関しては、妊娠できなかった場合が1番のコストなので、1度の治療費が少々高くつくことは大きな問題ではないと思っています。

でも、これって授かれたからこその意見なのかも知れませんね…。

試した妊活グッズで効果を感じた物はある?

インタビュアー
インタビュアー
サプリや妊活グッズで、実際に試してみて効果があったものを教えてください。

奥さん
奥さん
葉酸サプリは早くから摂っておいた方がいいと思いました。

赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防にもつながりますし、子宮環境を整えて着床率のUPも期待できる物も中にはあります。

奥さん
奥さん
私もいろいろ試しましたが、妊娠した時に使っていたものはショウガ葉酸という葉酸サプリとザクロのしずくというジュースです。

ショウガ葉酸は冷え対策に有効ですし、ザクロのしずくは女性ホルモンのバランスを整えてくれると聞いて、37歳高齢の私にもぴったりだと思って続けていました。

味も美味しいので友人や家族にもよくおすすめしてます。

インタビュアー
インタビュアー
ありがとうございます、インタビューは以上です。
今回も掘ったいい話がたくさん聞けた気がしています。

次回は出産後の体と心の変化についてのインタビューを予定しています。
よろしくお願いします。

まとめ

ここまで不妊治療に関する転院のことやその他のコツについていろいろと書いてきました。
以下はそのまとめ⇊

不妊治療、転院やその他のコツについて まとめ

  1. 「妊娠に良い」と聞けばなんでも試した
  2. 中でも手応えがあったのはクリニックの転院と葉酸サプリ&ジュース
  3. 転院のタイミングはふとした疑問から
  4. 転院したから授かれた」とまで思っている それほど大きな転機だった
  5. 転院のデメリットは0では無いが、赤ちゃんが授かれるなら小さなこと
  6. 葉酸サプリは早めから試すことをすすめたい
  7. 妊活アイテムはいろいろあるので、自分に合った物を見つけて続けて欲しい

となりました。
治療中辛かった時期もありましたが、娘が授かれたことですべての努力が報われた気がしています。

妊活アイテムには即効性がある物が少ないと思いますが、ちゃんと効果のあるものはあるので、自分に合う物を見つけて続けて欲しいと思います。

最後に

結果的に娘を授かることは出来ましたが、治療が上手くいかない日々のしんどさは誰よりも分かっているつもりです。

なので、こんな形ですが少しでも治療を頑張る人達の役に立てば嬉しいと思い、この記事を書きました。

「あまり肩肘張らず、リラックスして気長に頑張って!」というのが本音ですが、そうもいかないことも分かっています。

あなたが少しでも心穏やかに治療を続けられ、結果的に最高の形で治療を終えられるように遠くから祈っております。

以上、
【不妊治療から授かれた妻に転院のタイミングやその他コツなどを聞いた】でした!

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください