ダイエット

ダイエットには有酸素運動とウェイトトレーニング、どちらが痩せられるか実際にやってみた

体重を測る人

今回、『ダイエットには有酸素運動とウェイトトレーニング、どちらが痩せられるか?』という実験を、5か月間実際に自分の身体を使って試してみました。

2019年の2月4日にダイエットを開始して、ランニングと軽い食事制限だけを約70日間(2019年4月14日まで)続けた結果、体重を約5㎏減らせる5か月間ことができました。

マフィン
マフィン
ここまではストレスもほぼ無く、わりと簡単に落ちました!

気を良くした僕は、地味な有酸素運動はやめて、同時に筋肉もつけることができるウェイトトレーニングのみのメニューに変えたのですが、その結果がなんとも恐ろしいことになってしまったので記録という意味でも今回記事にしてみました。

現在、ダイエット中の方で『有酸素運動もウェイトトレーニングも両方やっているけど、今後ウェイトトレーニングだけに切り替えようかしら・・・』と思っている方にとっては役に立つ情報があるかもしれません。

それでは5か月間に及ぶ、人体実験の結果を体組成計のデータと共にご覧ください。

関連記事>>>【購入者レビュー】オムロン体組成計HBF-230T-SWはダイエットにおすすめ

ダイエットに有効なのは有酸素運動?ウェイトトレーニング?

体重を測る人

そもそもダイエットにおける有酸素運動とウェイトトレーニングの効果がまったく別のものであることはご存知でしょうか?

ここの知識が有るのと無いのでは、ダイエットの成果に雲泥の差が生まれることになるかと思います。

もし、有酸素運動とウェイトトレーニングが身体に与える影響の違いをはっきりとは知らないという方がいるなら、これを機に1度しっかりと把握しておいて損は無いかと思います。

なので、まず両方の効果をサラッと説明していきたいと思います。

ダイエットにおける有酸素運動の効果とは

有酸素運動をする女性

有酸素運動とは、ウォーキングなどの長時間連続して運動することを指すものです。

代表的なものは

  1. ウォーキング
  2. ランニング
  3. サイクリング
  4. 水泳

などなど。

運動としても激しいものではなく、老若男女無理なく続けられるのでたくさんの人が健康のために生活に取り入れていますよね。

その有酸素運動の主な目的は脂肪の燃焼です。

マラソン選手を思い浮かべてもらえると分かりやすいかと思いますが、太っている選手ってまずいませんよね?
あれは有酸素運動を習慣的に行うことで、体内の脂肪をスッキリ燃焼しきっているからなんです。

人間の身体というのは【カロリー摂取量(食事)-カロリー消費量(運動など)】の差が脂肪の蓄積or燃焼ということなので、たくさん食べてもそれ以上に有酸素運動をする人は、その差分は痩せていくというカラクリなんです。

これがダイエットで有酸素運動をする理由です。

ダイエットにおけるウェイトトレーニングの効果とは

ウェイトトレーニングをする男性

人間の身体は有酸素運動をすればカロリーを消費することは上で説明しましたが、実はわざわざ運動をしなくてもある程度のカロリーは自動的に消費されるようにできています。

それを基礎代謝と呼ぶのですが、息をしてただ生きているだけで少しずつカロリーを消費しているんです。

そしてこの基礎代謝が高ければ高いほど太りにくい体質ということ。

ウェイトトレーニングはこの基礎代謝を上げていく作業です。
身体の筋肉の総量を上げることで基礎代謝量が増し、寝ていてもより多くのカロリーを消費しやすい状態にするというのが目的です。

これがダイエットでウェイトトレーニングをする理由です。

有酸素運動orウェイトトレーニング、実際の体重推移

データの参考資料

これでダイエットにおける2つの違いは把握できたかと思います。

その上で実際に何か月も続けることで、痩せやすいのはどちらか?というのをデータではっきりさせたいと思います。

今回、ダイエット開始からの

①前半(2月~3月)は有酸素運動+軽い食事制限

②後半(4月~6月)はウェイトトレーニングのみ(食事制限無し)

でデータをとりました。

①有酸素運動のみの場合

走り回る子供

スタート時(2月4日)の体重は85.40㎏です。
ここからだいたい週5で1日40分(5㎏ほど)の軽めのランニングを始めました。

1週間後の体重が84.40㎏とさっそく1㎏の減量に成功しています。

ダイエット経過画像1

さらにその1か月後には81.70㎏とダイエット開始からだと3.7㎏減です。

ダイエット経過画像2

そしてウェイトトレーニングのみに切り替える直前(3月末日)にはなんと80.40㎏(5㎏減)までの減量に成功したんです。

ダイエット経過画像3
マフィン
マフィン
たった2か月で-5㎏とか「ダイエットちょれー」とか思いましたもん・・・。

②ウェイトトレーニングのみの場合

ウェイトトレーニングをする人

そして4月に入ると、ジムに入会すると同時に有酸素運動を一切無くし、ウェイトトレーニングのみに切り替えました。

4月1日時点での体重がこちら⇊(80.20㎏)

ダイエット経過画像4

有酸素運動をやめてウェイトトレーニングのみにして7日後⇊(81.40㎏)+1.2㎏

ダイエット経過画像5

有酸素運動をやめてウェイトトレーニングのみにして1か月後⇊(81.20㎏)

ダイエット経過画像6

2か月後⇊(82.90㎏)+2.7㎏

ダイエット経過画像7

3か月後⇊(85.90㎏)+5.7㎏

ダイエット経過画像8
マフィン
マフィン
・・・と、このように驚愕の結果となってしまいました。(4月からの僕の3か月間の努力はなんやったんや・・・泣)

ダイエットに有効なのは有酸素運動かウェイトトレーニングか?まとめ

グラフを見てもらえれば分かるように、ダイエットに重要なのは有酸素運動(食事制限)と言えるかと思います。

以下はまとめ⇊

ダイエットとって大事なのは有酸素運動+食事制限

  1. 有酸素運動はダイエットにかなり有効
  2. 食事制限も同時に取り入れることで成果は倍増
  3. ウェイトトレーニングのみはダイエットには不向き

という結果になりました。

 

【ダイエット=体重を減らす】という意味では、今回は有酸素運動は欠かせないという形にデータには表れましたが、体重が元にダイエット開始前に戻ってしまった現在も見た目は以前に比べると少し引き締まってきたというのも事実です。

なので、やはり理想の効率的なダイエットとなると有酸素運動+ウェイトトレーニングということで間違いないかと思います。

しっかりとデータにも反映されているので、今後は自分もまた有酸素運動も取り入れてやっていきたいと思います。

以上、『ダイエットには有酸素運動とウェイトトレーニング、どちらが痩せられるか?』でした!

関連記事>>>30代で久しぶりにランニングを始めたら、腰と股関節を痛めた話【対処法も】

ABOUT ME
あめにじ管理人
30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は専業ブロガー(アフィリエイター)を目指しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください