ブログ運営

エックスサーバーからConoHaWINGにサーバー移転代行依頼した結果

ConoHaサーバー スピード比較

先日、エックスサーバーからConoHa WINGにサーバー移転しました。
その際感じたことや、実際起こったことなどを簡単に記事にしたいと思います。

ちなみに、当時の僕のスペックは、

  1. WordPressでブログを開設して約半年
  2. PCの知識ほぼゼロ
  3. 身近に気軽に質問できるPCに詳しい人はいない

といった感じで、本来サーバー移転などといった、素人にとってややこしそうなことは避けるはずの立場です。

なぜ、それでもサーバー移転に踏み切ったのか?
結果としてプラスになったのか?

そのあたりをこれからConoHaサーバーに移転を考えている人にお伝え出来たらなと思います。

エックスサーバーからConoHa WINGに移転

ConoHaWING

エックスサーバーから移転した理由

正直、エックスサーバー に不満はありませんでした。

サーバーは安定していますし、料金も個人的には特別高いとも思いません。
なにせサービス開始から15周年という実績は、他のレンタルサーバー会社には無い信用だと思います。

これからブログやアフィリエイトで生活をしていこうとする僕のような人間にとって、レンタルサーバー会社の安定性や信用・実績はかなり優先順位は高いです。

『サーバーが飛ぶ=収入が無くなる』ということですから、分かりやすく死活問題。

そんなエックスサーバーの性能や料金などにも特に不満が無い僕が、それでもConoHa WINGに移転を決めた点は2つあります。

それは、

  1. 国内レンタルサーバーにて最速
  2. (僕の中での)なうてのブロガー・アフィリエイターさん達が、こぞってConoHaに移転した

という2点です。

国内レンタルサーバーにて最速

1つ目の国内『国内レンタルサーバーにて最速』というのは、ConoHa WING公式サイト にも書かれています。

そのスピードはなんと国内2位のレンタルサーバー会社のA社の2倍だとか・・・。

ConoHaサーバー スピード比較

これは圧倒的なスピードですよね?
2位がエックスサーバーだとして、その倍のスピードです。
これがConohaWING最大の魅力でしょう。

Googleのサイトスピードアップデートの件もありますし、サイトスピードは速いに越したことはないでしょう。

SEO的にもサイトの順位に影響を与える可能性まであります。
当然ユーザーの利便性の向上にもつながります。

価格はこんな感じ⇊

ConoHaサーバー 料金表

僕はベーシックを選んでいますので、1,200円/月額(税抜き)です。
個人ブログで月のPVが100万以下の人ならベーシックで問題無いありません。

駄犬
駄犬
2019年9月現在、半年以上使っているけどベーシックで十分!

稼いでる有名ブロガーさん達が続々とConoHaWINGへ移転

これは僕にとってConoHaWINGへの信用になりました。

これからアフィリエイトで生計を立てていきたいと思っている僕にとって、すでに稼いでいる人達がConoHaに移転することをメリットと判断したという点は、移転を決心する動機には十分でした。

その判断はド素人の自分で考えるよりよっぽど期待できるでしょう。(笑)
利害も絡んでいませんので信頼できます。

ConoHa WINGの特徴

すでに書いてしまいましたが、1番の売りは国内最速という点でしょう。
しかも、そのスピードが圧倒的。
2位と比べて倍のスピードだと言うから驚きです。

突然表れた新人陸上選手が100mを4秒台で走るようなもの。(ちょっと違う)
これまで最強最速と言われ、1強だったエックスサーバーをスピードという点に関してはいとも簡単に抜き去ってしまいました。

サイトのスピードがSEOや検索結果に影響を与えるとGoogleが発表している以上、サイトスピードに重きを置く意味はあるかと思います。

出典:Google、ページの読み込み速度をランキング要因にするSpeed Updteを導入開始

月額料金もエックスサーバーと変わらない(約+200円/月)ので、長い目で見てConoHaサーバーに移転を決めました。

個人に代行依頼してまでサーバー移転をして感じたメリット・デメリット

PC前に座るPC初心者

今回、エックスサーバーからConoHaWINGへの移転に伴い、そのいっさいがっさいをある人にお願いしました。
Twitterで知り合った方で、個人でブログ関連のサービスを有料で行っている方です。

日頃のツイートなどを見ていて『この人なら任せても安心だろう』と判断してお願いしました。

料金は税込みで9720円
追加料金などは無しでやってもらえました。

ConoHaWINGに移転したメリット

サーバー移転をして現在そろそろ1か月ほど経ちますが、『メリットはあったか?』と聞かれると正直分かりません。

自分のサイトやWordPressの管理画面を使用する際に、体感で『速くなったかな?』と感じる程度。

モバイルのサイトスピードを実際に測ってみても、

before⇊

サイトスピード1

after⇊

サイトスピード2

と、このように数値的にはほぼ変化は見られませんでした。
(PCスピードも95~99と以前から変わらず)

おそらく僕レベル(PV4~5万台/月)のブログでは、ConoHa WINGのポテンシャルを活かしきれないということなのかもしれません。

Googleのサイト評価の基準が最近大幅に変わったこともあって、テストの数値的には改善は見られなかったのは予想外であり残念でした。

サイトスピードの点数を上げたくてサーバー移行をお考えの方は、満足のいく成果を得られない可能性はあります。

しかし、体感では明らかに速くなってはいます。

ConoHaWINGに代行移転したデメリット

壁に書かれたバツ印 デメリット

続いてデメリット、というか、サーバー移転をして実際に起こったトラブルについて中心に書いていきたいと思います。(大したものではありませんが)

自分で移転するのは不可能

ややこしすぎて素人が自分でサーバー移転するのは不可能でしょう。
チャレンジすらしていませんが、自分でやってみた場合のリスク(データの消失や時間の浪費)を考えると、代行以外考えられません。

代行費用がかかる(9,720円)

僕がお願いした個人の方は9,720円でやってくださいました。
おそらく公式のサーバー移転代行サービスはありません。

公式サーバー移転サービスが2019年8月より開始しました。(公式は6,980円)

個人の方にお願いする場合、代行費用の相場は1万円前後でしょう。

記事が消える?

移転後すぐに記事を更新したんですが、DNSサーバーがまだ安定していなかったらしく、書いた記事3,000字が消えてしまうという事態に!

放置していたら元に戻りましたが、ヒヤヒヤしました。
どうやらサーバー移転移転後24~72時間くらいまでは、サーバーが不安定らしく、WordPressは触らない方がいいようですね。

駄犬
駄犬
ダウンタイムというやつですね!

ドメイン移管料1598円が発生

前サーバーの時に使っていたドメインが、キャンペーンでもらったドメインだったので、サーバー移転したらもう使えないのかと思ってドメイン移管もお願いしました。

これがどうやら不要だったらしいのです。
詳しくは分からないのですが、1,598円は支払わずにそのまま継続して使えたようです。

同じようにキャンペーンドメインなどを使用されている方は、事前に確認した方がいいかと思います。

ドメイン移管時にチェック漏れがあり、ドメインロックされる

どうやら代行してくれた方とのやり取り上で不備があったようで、先日突然ブログにアクセスできなくなりました。

もうなにがなんやら意味が分からず、すぐに代行をお願いした方に連絡して対応してもらえましたが、24時間ほどブログにアクセスできませんでした。

偶然かも知れませんがそれから検索順位も下がってしまい、PVも33%ほど減りました。
今は元に戻っています。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

ConoHa公式のサーバー移転代行サービスがスタート

Conohaサーバー移転サービス

これ凄い羨ましいっす!
しかも、価格も自分の時は約1万円かかりましたが、公式だと6,980円(税別)とお手頃価格。

上で書いたデメリットのほとんどはこれでクリアできるはずです。

専門のプロがやってくれるので、WordPressのデータがとんだり、管理画面に入れなくなったりといったサーバー移転時によくあるトラブルの心配がありません。

駄犬
駄犬
僕が移転した時は、個人委託でトラブル続きだったので不安が大きかったです。

移転は専門プロがやってくれるので安心で速い

公式の専門プロがやってくれるなら、そんなミスは起こらないでしょう。

SSLの設定もお願いできるそうなので、よく分からずに敬遠してた人は、この際一緒にやっておいてもいいかと思います。(SSLはオプションで別料金)

SSL設定について、よく分からない人はWordPressサイトをhttpからhttpsにSSL化する方法【対応手順を丁寧に説明】に分かりやすく書かれていたので、そちらを参考にしてみてください。

公式サーバー移転代行サービスはConoHa WING公式サイト からConoHaアカウントを登録したあとHP内にあるConoHaショップに行き、WordPress移転代行チケットを購入することで申し込むことができます。

公式サーバー移転代行サービスへの申込みは、難しくありません。
手順は以下の通り。

公式サーバー移転サービス 入口
公式サーバー移転サービス申込み手順
  • Step1
    ConoHaアカウントの登録
    ConoHa WING公式サイトに入って簡単な情報入力をし、新規アカウントの登録を済ませます。
  • Step2
    ConoHaショップでWordPress移転代行チケットを購入
    ConoHa WING公式サイトに入ると、WordPress移行代行というバナーがあるので(上記画像参照)から入っていくとConoHaショップが見つかると思います。
    そこでWordPress移転代行チケットを購入してください。
  • Step3
    サイトを移行する日を決める
    サイト移行の希望日を、ヒアリングフォームを使って決めていきます。
    申込み当日から3営業日以降の日で希望が出せます。
  • Step4
    登録完了メールが届けば申込み完了
    希望日が決まって、登録完了のメールが届けば申込みは完了です。
    ※ここでキャッシュバックの振込先を入力します。

    以上がConoHa公式サーバー移転サービスの申込み手順です。

  • サービス移転サービス

    \\\国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】///

    今ならキャンペーンでキャッシュバックが最大で20,000円ももらえる

    上で少し触れましたが、なんと2019年8月30日~10月31日(木)18:00時まで、公式サーバー移転サービス開始キャンペーンで最大20,000円のキャッシュバックが受けられるんです!

    ConoHaサーバーは定期的にこういったサービスが行われますので、お得ハンターの方はこまめにチェックするといいことがあると思いますよ!

    ConoHa WINGサーバーへの移転 まとめ

    ConoHaちゃん イラスト
    イラストはイメージキャラクターのConoHaちゃん

    エックスサーバーからConoHa WINGへのサーバー移転代行をお願いした体験を書いてきました。
    以下はそのまとめ⇊

    サーバー移転 まとめ

    1. ConoHaサーバーは国内最速
    2. 移転代行の個人相場は約1万円
    3. 公式サーバー移転サービスなら6980円
    4. 体感では速くなったのを感じる
    5. 稼いでる人たちは僕が観る限りConoHaサーバーに移りがち

    費用と効果とリスクを天秤にかけると、正直僕のようなPC知識皆無の人が自分でサーバー移転することはおすすめしません。
    公式の専門家にお願いしましょう。

    個人委託もあまりおすすめしません。
    移転代行時にトラブルがあっても、ホントなにもできませんからね。

    『なんでそうなったのか?』『それは防げたのか?』など、なにも分かりませんでした。
    言われるがまま対処するしかないんです。

    長い時間をかけて積み上げてきたブログが、万が一消えてしまったとしても、保証もなにも無い状態だったかと思うとゾっとしたというのが感想です。

    『バックアップとってるからそれは起こりえない』と言われても、実際にドメインがロックされてブログが開けない、記事が消えるという自分には理解できない怖い体験をしました。

    これを『怖いな』と感じる人は安易に個人でサーバー移転するべきではないかも知れませんね。
    これは個人でサーバー移転をしなければ起こらなかったことですから。

    最後に

    サイトスピードの数値的には変わりませんが、体感は速くなりました。
    サーバー側にキャッシュ機能がついているので、それをONにした上でキャッシュ系のプラグインも入れずに済んでます。

    そして、この速くなったサイトスピードがSEOに好影響を与えていることを願いつつ、これからも頑張って記事書いていきたいと思います。

     

    以上、エックスサーバーからConoHaWING移転のレビュー記事でした。
    ここまで読んでくれてありがとうございました。

    関連記事>>>30代ブログ初心者にもWordPressをおすすめする理由

    ABOUT ME
    あめにじ管理人
    30代の既婚者。20代は大阪で商売をしていましたが、33歳で奥さんと結婚したのを機に妊活のために奥さんの実家がある広島に移住。不妊治療(体外受精)経験者。6度目の体外受精で妊娠できました。サラリーマンをしていましたが、持病(SAD)が悪化したため退社し、今は趣味でブログをしています!

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください